2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« ダブルダイバシティー | トップページ | 移動運用(その1) »

2007年3月25日 (日)

QS-500

トリオがケンウッドになる直前、「ケンクラフト」ブランドで出された50MHzのSSB機。

TS-311やTS811の50MHz版のような感じだが、ユニークなのはキットだったこと。

キットとはいっても、各ユニット(基盤)は組み立て済みで、ユニットの結線+αで完成するというもの。

自分は、本ブログで何度も登場している599ライン所有の友人が購入し、組み立てたものを譲り受けただけで、作る楽しみを享受できてはいない。

自宅にルソーの6エレを上げていた時期なので、スキャッタで1エリアと多く交信した無線機でもある。

CW時にサイドトーンがなく、エレキーが使えなかったのでモニタを自作して内臓させた。

今ではサイドトーンどころか、エレキーも内臓している機械がほとんどである。

自分の50MHzのSSB(CW)機の変遷は、

最初は310ラインをローカル宅で触り、

FL&FR400+FTV650で出始め、

FT620Bで移動運用も行い、

QRT期間をはさんで長期活躍したTS600。

HF+6m機ばかりとなり、CWフィルタのないTS600ではコンテストのQRMに勝てず泣く泣く引退。

何度か修理しても不調で、遂にはICOMに丸ごと交換させたIC756(まだ現用中)。

QS-500は400ラインとFT620Bの辺りで併用したはずだが、正確にはログを見ないと分からない。(調べてみよう・・・)

« ダブルダイバシティー | トップページ | 移動運用(その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/5812914

この記事へのトラックバック一覧です: QS-500:

« ダブルダイバシティー | トップページ | 移動運用(その1) »

最近のトラックバック