2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 移動運用(その6) | トップページ | 変り種(無線機編その1) »

2007年6月29日 (金)

変り種(アンテナ編その1)

HB9CVを沢山作ったことと、

印象的な飛び方をしたダブルダイバシティーについては既に書いた。

今回は少し変わったアンテナについて思い出してみよう。

実用性がそこそこあって、長期間使ったものから・・・

① バードケージ

アンテナハンドブックに21MHz用のものが載っていたので、50MHz版を作ってみた。

2エレのCQを変形しただけで、いたってシンプルな構造で、

ラワンの角材をL金具でつないだだけの骨組み。

運用縮小期だったため、母屋の低い屋根(5m位)に上げた状態で

大して期待はしていなかった。

勿論回すことは不可能だったが、FB比の悪いのが幸いして、

西へも東へもそこそこ飛んだ。

大抵の相手局は興味を示してくれて、話のネタという面でも貢献度は大きかった。

この経験をもとにして、5年位前に「5Aスペシャル」を移動用で作ったが、

50MHzの移動を本格的にやっていないこともあり、こちらは目だった活躍はしていない。

② ZLスペシャル

 HB9CVを最初に作った頃、CQ誌などでも時折見かけたアンテナなのでご存知の方もあるだろう。

300ΩのTVフィーダーで作った2組のフォールデッドダイポールを位相給電したような形のアンテナである。

当時21メガあたりで数回使っている局を聞いたが、TVフィーダー自体が絶滅危惧種(?)の現在では再現は困難であろう。

③ J形アンテナ

 こんなアンテナ誰が使うの?というようなものだが、7メガの逆Vしかアンテナがない時期に

逆Vの給電点を上げている竹ざおに50MHz用をぶら下げてみた。

ホイップよりはよく飛んだはず。(笑)

« 移動運用(その6) | トップページ | 変り種(無線機編その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/6970183

この記事へのトラックバック一覧です: 変り種(アンテナ編その1):

« 移動運用(その6) | トップページ | 変り種(無線機編その1) »

最近のトラックバック