2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 変り種(アンテナ編その1) | トップページ | 6m AND Down »

2007年6月29日 (金)

変り種(無線機編その1)

スターの700ラインはまさに幻の名機だが、

実はスターの無線機を使った事がある。

それはSR-200。

開局直前の7メガがAMからSSBに代わりつつある時期、

自作の高1中2ではプロダクト検波がなかなかうまく動かず(作れず)

SSBの復調に苦労していた。

そんな時偶然手に入れた本格的SSB受信機である。

IFが455KHzではなく1600KHz付近のため、

シングルスーパーでも21メガが良好に受信できた。

ダイアルのメカは糸かけだったはずだが、

大変スムーズに動き選局も楽だった。

古い雑誌の広告でも見たことがなく、幻の受信機と思っていたら、

最近ネットオークションで送信機とセットで「200ライン」として出品されていて驚いた!

ずっとSR500とかSR550などと同じく受信機だけのシリーズと思っていて、

まさかセットの送信機があるとは考えもしなかった。

友人はTS510やFT200を持っていて、SSBでバリバリ交信していたが、

自分は50MHzのAMに出ながら、いつかSSBの送信機を(しかもPSNで)作ろうと

本気で思っていた。

(結局50MHzのAM送信機を数台作っただけに終わったが・・・)

« 変り種(アンテナ編その1) | トップページ | 6m AND Down »

コメント

コンニチハ。 私も全く同じで、PSNでのSSB送信機を作ろうとしましたが、リング変調器がうまく行かず諦めました。
クリスタルフィルターが効果だった為ですが、計測器が無い中で安定した性能を出そうとするとフィルタ方式しかなかったように思います。
受信機は、スターのSR-550を使ってましたが、50MHzの感度が低く、自作の5W送信機A3(ファイナル12BY7)と良い組み合わせでした。

by JA7---

今見ている回路図によると、
第1IFが1650Kc,第2IFが55Kcなのですね。

55KcのIFといえば、普通の高1中2に付加するQ5'erの製作記事を見た記憶があります。

SR-550が50MHzもカバーしていたことには全く気づきませんでした。(SR-500も!)

懐かしい話題を提供いただき、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/6970375

この記事へのトラックバック一覧です: 変り種(無線機編その1):

« 変り種(アンテナ編その1) | トップページ | 6m AND Down »

最近のトラックバック