2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 6m AND Down | トップページ | 棲み分け »

2007年7月12日 (木)

銘機

先週の金曜からFT-101を触っている。

旧友の某局が「オークションで買ったけどANTがないので使ってみて」と持ち込んだ物。

工事設計書に記載されている機種なので電波を出しても問題はないと判断。

(技適のように1台毎の無線機固有の記号で申請する時代ではかった)

20数年振りに手にした第一印象は・・・・

重い!!

友人とも話したのだが、これより重いFT-400Sや401Sを自転車の荷台に載せて運んだことが「シンジラレナ~イ」。

ANTを繋いで7メガを聞くと、まずまず聞こえる。

次は送信テスト。

HEATERスイッチをONにしてモードを「TUNE」に。

(TUNEというモードのある無線機を触るのも20数年振り)

メーターをICにして送信にするが、電流は全く流れない。

「??」と思いリアパネルを見ると、ACCプラグがない!

どこかにあったと思い、玉手箱(ジャンク箱)を開けるが発見できず。

仕方ないので、電線をカットして10-11ピンをショートさせる。

(この辺は旧ヤエスの機械を知る人しかわからないコト)

改めて送信状態にすると、無事ICが流れている。

メーターをICからPOに切り替えながら、DRIVE(PRESELECT)→PLATE→LOADとチューニング。

こんな操作も久々。

TRIOでは、なぜかメーターを最初にALCにしたことを思い出しながら調整した。

在庫機FT-301のマイクを繋いでSSBで呼んでみると、応答あり。

無事QSOに成功した。

CWではフィルタがなく、エレキーも内臓していない。(キーヤーは無くて当たり前!)

しかし、縦振り電鍵を繋いで599BKに成功。

わざわざ新規購入して使いたいとは思わないが、

なかなか面白い経験だった。

まだ置いてあるので、また使ってみよう。101

« 6m AND Down | トップページ | 棲み分け »

コメント

ハム機器ガイドブック’76で調べてみました。

FT-101E(S) 15kg
ちなみにFTDX401が18kgで再重量。

IC775は16.7kgだから、101の方が軽いのか!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/7108327

この記事へのトラックバック一覧です: 銘機:

« 6m AND Down | トップページ | 棲み分け »

最近のトラックバック