2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« KCJコンテスト | トップページ | ダイアル(続編) »

2007年8月21日 (火)

ダイアル

これだけ暑いと電源を入れる気にはなれないFT-101を眺めていて、

RIT/CLARに続いて気づいたことがあった。


それはメインダイアルの周波数目盛り。


つまり周波数の上下とダイアルの回転方向の関係のこと。


現用のアイコム機3台はすべてダイアル右回しで周波数が上がっていく。

ところが、FT-101ではその逆。


右ネジの感覚からいえば、右回しで周波数が上がっていくのが自然と思われる。


<バリコンは右回しで羽が抜けていく→容量が減る→周波数が上がる>

この仕組みは変えられないので、アナログVFOの場合は、

目的のハムバンドの周波数を局発とVFOの和で作るか差で作るかによって

周波数の動き方が決まってしまう。


確かFT-200ではバンドによって周波数の動き方が異なったのではないかな?

« KCJコンテスト | トップページ | ダイアル(続編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/7618673

この記事へのトラックバック一覧です: ダイアル:

« KCJコンテスト | トップページ | ダイアル(続編) »

最近のトラックバック