2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月27日 (木)

JAIA2007完結編

Jh2cmhcw_2

Jh2cmhssb_2





Jh2cmh80cw_2

Jh2cmh40cw_2






Jh2cmh20cw_2

Jh2cmh17_2






Jh2cmh15_2

Jh2cmh6_2






Jh2cmh2ssb_2

Jh2cmh1qrp_2






Jh2cmh1cw_2

Jh2cmh1ssb_2






Jh2cmh135_2

Jh2cmh140_2







早っ!

今朝申請メールを送ったJAIA2007がもう届いていました。


前回は土日を挟んだせいもあって5日かかりましたが、

朝出してその夜に届くとはオドロキの早さ!!


しかも13種類!(笑)

その画像は後日UPします。

(まだダウンロードしていません・・・)

2007年9月26日 (水)

VCHアンテナ製作開始

衛星は自宅へのアンテナ設置が難航のためしばらく待機。


その代わりという訳ではないが、FT817を持っての公共交通機関利用移動のため

VCHアンテナの製作を開始。


ペットボトルへコイルを巻いていて気づいたのは、

コイルを巻く力加減が難しいこと。


強すぎるとボトルが変形し、弱いとコイルが浮き上がってしまう。


しかし、ボトルに穴を開けずにキャップをした状態なら

ボトルの強度が随分違うことを発見。

考えてみれば当たり前のことなのだが、

Netでの作製記事を見る限り、穴を開けたり上下を切ったりしてから巻いているものばかりだった。


製作記事の載ったCQ誌を持っていないので、そちらにどう書いてあるかは分からない。


CQ誌の記事を見ずに作り始めるのは無謀かな?

書店でバックナンバーを取り寄せるべきかも。


行き詰ったら考えることにして、とりあえず製作開始・・・


2007年9月25日 (火)

ログ提出

忘れないうちに提出しました。


オール秋田

XPO記念

愛・地球博記念


どれも結果が期待できるものではないが、

参加者の最低限の務めです。

2007年9月24日 (月)

愛・地球博記念コンテスト

土曜の夜21:00から参戦。

めったにやらない3.5MHzのSSBに出ようと思い3.5MHz用のD.P.を、

オールJAで移動用のぎぼしD.P.を張ったときとほぼ同じパターンで、

狭い敷地を囲むようにエレメントを張り巡らした。


ところがSSBはJLRSのコンテストばかりで、大きく期待はずれ。

「CQ AIテスト」を出していても、「59003」とナンバーを送ってくる局がいる有様。

「ダメだこりゃ!」と早々と撤退。


逆に誰もCQを出していなかった430MHzのFMに出ると、

続々とコールがあった。

(「5920」だけで終わろうとすると、「QTHと名前は?」と引き止められるのは毎度のこと。)

トータル120局ほどできたところで床に入った。


ところが翌朝目が覚めると、既に6:00! う~ん、マズイぞ。


XPOの時ほどではないが、7MHzのCondxは相変わらず良くなかった。

7時からは7021付近の和文のOAMを聞きながらあちこちのバンドで少しずつ交信。

OAMはやっと聞こえた6エリアの方との交信に成功した直後、

来客があり中途半端な形で失礼させていただいた。


コンテストに復帰後最初のCQで呼ばれたのが、OAMで応答できなかった1エリアの方。

ナンバー交換後、「サキホドハ シツレイシマシタ」とお詫び。

ちょっとしたメッセージを送るの時に和文は便利と実感。

もっと練習しよう!!


一応12:00まで運用したが、運用時間自体が短く、 結果も期待したものとは遠いものになった。

全市全郡は大丈夫だろうか??


<おまけ>

午後に三好町へ行く用事ができたので、用を済ませた後

1.9~7の3バンドで1時間だけ運用してきた。

2007年9月20日 (木)

JAIA2007 第一弾到着

先週の金曜日に送った第一弾(3.5MHz CW)が届きました。

Jh2cmh

この続きも集計済みなので、後は申請するだけ。

オール宮城

本日賞状が到着しました。

県外個人局電信 マルチバンド部門 第3位

Miyagi

2007年9月19日 (水)

再免申請

移動局の免許切れが近づいたので

再免許申請書を作成しました。


A4サイズの用紙1枚だけに変わり、

「本当にこれでいいの?」と不安になります。(笑)


3050円分の収入印紙は昨日通勤途中に購入済み。

あとは免許返信用封筒を作成するだけです。

2007年9月18日 (火)

続:XPOコンテスト

結果的には早起きして3.5/1.9に出たのが良かったみたい。

どうせ7メガシングルだからとゆっくり起きていたら

ほとんど交信できなかったでしょうね。

写真はXpo

3.5でCQを出している時の様子(756のTXランプが点いている)。

ZlogはデスクトップPCで使用中。

朝刊を読みながら、のんびりQSOしていました。

2007年9月17日 (月)

XPOコンテスト

ハッピーマンデーとは無縁という状況は相変わらず。

7メガシングルでやれるだけやってから出勤しようと思っていました。


早起きして7メガを聞いてみると、「グワアーン」というOTHレーダー(?)の音。

(JARL、総通、日本政府は何をしている!)


とても交信できる状態ではありません。

止む無く3.5メガへQSY。

勿論エレメントとアースの接続を確認してから(笑)


一通り呼びに回った後空き周波数でCQ CQ・・・

CQを出している間は朝刊を読みながらという物臭モードでしたが、

そこそこのペースで呼んでいただきました。


6時半から1.9にもTRY。

近距離が大変強力に入感していました。


3.5が空きだした7時半頃から7メガに行きました。

OTHのレベルは下がっていましたがまだまだうるさい。


最初は3・4・5・0エリアが強く聞こえていましたが、

時間の経過とともに弱くなり、遂に6・8エリアしか聞こえなくなりました。

試しに聞いたSSBバンドも閑散とした状態。

7メガバンドは死んでいました。


ハイバンドもG.W.で3エリアが少し聞こえるだけで、

7・8もほとんど聞こえません。

50メガは1エリアの移動局が1局だけ59で聞こえたものの、他は聞こえず

(正しくは、聞こえる局はあっても届かずといういつものパターン)


時間が経てば回復するだろうと思い、家の用をしたり休憩したりして時間を潰しました。

しかし、Condxは一向に回復するきざしがありません。


昼食後も変わらずNGなまま。


自分が出かけた後、夕方にかけて回復したら嫌だなと

心の狭いことを思いながら家を出ました。(汗)


来週の愛地球博記念で挽回だ!!

(できるだろうか?)

2007年9月14日 (金)

JAIA 2007申請

バンド・モード・ワンデイなど特記を調べていったら

13種類にもなってしまいました。


一度にどっと送るのは気が引けたので

とりあえず1つ(3.5MHz CW)だけ送ってみました。

2007年9月13日 (木)

新市祭りの記録④

<記録④>

2006年1月15日 土岐郡笠原町 11:22~15:37 122局

2006年1月22日 土岐郡笠原町 11:41~14:18 66局

2006年1月29日 宝飯郡一宮町 10:52~16:23 227局

2006年3月5日 安八郡墨俣町 10:38~14:25 149局

2006年3月12日 西春日井郡師勝町 11:43~13:06 75局

2006年3月19日 西春日井郡西春町 13:33~15:52 62局

2006年3月19日 西春日井郡師勝町 17:28~23:51 155局

2006年3月20日 北名古屋市 00:00~14:04 587局

2006年3月26日 海部郡十四山村 10:48~13:36 122局

2006年3月26日 海部郡弥富町 14:32~16:38 69局

2006年4月1日 弥富市 09:59~18:11 494局


狂乱の日々も弥富市誕生で一旦終了。

「無くなればそれっきり」の消滅町村の運用時間が短い(終了時刻が早い)が、

家の用や仕事の都合を、新市の市制施行日に合わせて移動に行くこと優先に組み立てたため、止むを得ないことだった。


弥富市などは現地到着が9時半過ぎという有様。


まあ、永く続けるためには色々なものとのマッチングを保たないといけないので、

この位が限度でしょう。


この新市祭り特需の期間に、一度だけJARLからのカード配送が、

普段の靴箱より大きい特大版で届きました。


こんなことは、海外にペディションでもしない限り

2度とないでしょうね。(笑)

JAIA集計

FDをやり取りしないと申請できないと分かって以降

まったく興味がなくなっていました。


ところがNETで申請できるとの情報をJG3DOR、JG0AXT両局のブログで知りました。

(いつもながら情報収集が遅い!)


早速JH0IXE局作成の集計ソフトで計算してみました。

オールバンドMIXで1911ポイントでした。


7メガMIXで997ポイント(CWでは981ポイント)

ワンデイ7メガCWで286ポイントなどなど

あと少しでクラスが上がるものや

100ポイントで申請可能になるバンド・モードが沢山ありました。


当初から申請する気がない(詳細を知らない)状態だったので

「10ポイントサービス局」も随分パスしたので仕方がありません。


とりあえず申請できる分は出しておこうと思います。

2007年9月12日 (水)

3B7C(続報)

やはり気になるので、先程7メガを聞いてみました。

「DE 3B7C UP」聞こえました。 

今日も強い。少し遊ぼうと思いUP2.2位で呼んでみました。




何と、「JH2CMH 599」が帰って来ちゃいました!!


コールしていることを楽しめればと思っていたのに、

ワンコールでピックアップされるとは驚き。

新市祭りの記録③

<記録③>

2005年4月24日 可児郡兼山町 11:52~19:15 324局

2005年5月3日 愛西市 08:45~15:29 204局

2005年5月29日 西春日井郡新川町 11:37~14:47 117局

2005年5月29日 西春日井郡西枇杷島町 15:50~17:00 48局

2005年6月19日 西春日井郡清洲町 08:49~10:58 41局

2005年6月26日 西春日井郡清洲町 08:58~11:24 84局

2005年7月7日  清須市 05:35~10:56 341局

2005年7月16日 清須市 07:01~10:37 97局

2005年9月18日 南設楽郡鳳来町 10:47~12:28 40局

2005年9月18日 南設楽郡作手村 13:38~16:18 85局

2005年12月11日 額田郡額田町 11:12~17:00 218局

清須市誕生前後は日曜も休みがとれなかった。

昼からの始業に間に合うよう午前中で中断している苦闘ぶりが伺える。

またこの時期はCondxも良くないことが多かった。

また行ってみるのも面白いかも知れない。

3B7C

話題のDXぺディションです。

この手の有名ぺディに対しては自分の設備へのコンプレックスがあるためか、

実はあまり興味がありません。


できたらやっておこう位の気持ちはありますが・・・


昨夜寝る前に珍しくRigのスイッチを入れたら10メガで「UP3」のCQが聞こえました。

ところでアンテナはどちらへ向ければいいのか?

恥ずかしながら場所を全く知りませんでした。

ダイポールなので多少信号が強くなる方向を探って、

だめもとでコールしてみると3度目でコールバックがありました。


その後7メガで大変強力な信号が聞こえましたが、

こちらはJA'sの有名所が次々にピックアップされるのを聞くに留まり

全く歯が立たず。

更に途中で「QRX JA NA PSE」となり、

眠くなったこともあり終了。

2007年9月11日 (火)

新市祭りの記録②

<記録その②>

2004年1月25日 本巣郡本巣町 11:19~12:30 65局

2004年1月25日 本巣郡糸貫町 13:04~14:31 59局

2004年1月31日 本巣郡真正町 14:29~23:43 252局

2004年2月1日  本巣市 00:00~13:13 532局

2004年3月6日~7日 郡上市 6日11:58~7日11:42 762局

2004年10月18日 羽島郡川島町 14:29~16:07 31局

2005年1月16日 小笠郡菊川町 18:27~23:59 51局

2005年1月17日 菊川市 00:00~20:47 562局

2005年3月7日 東加茂郡旭町 10:32~12:03 47局

2005年3月7日 東加茂郡足助町 13:07~14:57 63局

2005年3月21日 中島郡祖父江町 11:08~14:32 109局

2005年3月21日 中島郡平和町 15:41~18:51 206局

2005年3月27日 海部郡八開村 11:29~13:02 71局

2005年3月27日 海津郡海津町 16:15~23:59 218局

2005年3月28日 海津市 00:00~19:46 851局

2005年4月2日 愛西市 11:03~19:47 533局

菊川市はJG3DOR,JL3TOGのお二人と遠征、

海津市はJH2RSZ,JN2UIYのお二人とJN2UIY局提供の室内で運用。

新市への移動での交信数はこの時期が多い。

・・・といっても交信数が4桁に乗ることは一度もなし。

まだまだ甘いな(笑)

消滅町村移動は時間の制約もあって、昼間のみのあっさりとしたものばかり。

新市祭りの記録①

平成の大合併も一段落して久しい。

年末には久々の新市のニュースもあるが、

本来の大合併の目的が達成されたかどうか地方自治に於ける検証はされないままの気がする。


それはともかく無線界では

消滅する市町村(ときには郡)、新しく誕生する市町への関心は高かった。


当局は、古くは日進市が94年10月誕生したとき、市内の知人の旧家を借用して

誕生前後二週間ほど運用したことがある。


平成の大合併の初期は「消滅前に行っておこう」「新市ができたから行ってみよう」

くらいの動機で、日帰りで2時間程度の運用が多かった。

それが徐々にエスカレートしていく様子をまとめてみた。


<記録その①>

2003年4月3日 山県市 12:43~14:57 107局

2003年4月13日 本巣郡巣南町 11:55~13:20 71局

2003年4月13日 本巣郡穂積町 14:15~15:34 33局

2003年5月1日  瑞穂市 07:14~14:53 315局

2003年8月19日 渥美郡田原町 13:10~14:32 29局

2003年8月19日 渥美郡赤羽町 16:55~23:59 208局

2003年8月20日 田原市 00:00~10:51 338局

2003年11月26日 員弁郡藤原町 11:07~12:27 37局

2003年11月26日 員弁郡北勢町 13:19~14:58 56局

2003年11月30日 員弁郡員弁町 10:43~12:00 53局

2003年11月30日 員弁郡大安町 14:50~23:55 219局

2003年12月1日 いなべ市 00:00~11:29 445局


瑞穂市は新市祭り特需を狙い、市制施行日の朝家を出た。

田原市は前日から現地入りし、市制施行の瞬間から初運用。

(田原町は全交信SSBという珍記録)

この時期は岐阜・三重での合併が多かった。 

2007年9月10日 (月)

オール秋田コンテスト

土曜の夜、急いで帰宅後簡単に食事を済ませ、何とか21:00の開始時刻に間に合いました。


3.5を聞いてみると3.508付近でパイルアップ。

あのDX Pediだろうと3.511付近まで広がっているJA'sのパイルをやり過ごして/ATのCQを探しました。

数局と交信後1.9へQSY。

2局とナンバー交換できましたが、もう1局599で聞こえていた強い局に拾ってもらえません。

いい加減なL.W.+50Wなので信号の弱さは自覚していますが、

この強さで聞こえていれば普通は応答があります。

ひょっとしてメガWクラスのハイパワー局か?


仕方がないので再度3.5に戻りますが、どうも皆さんの信号が弱い。

JCC/JCG移動局を呼んでもなかなか取ってもらえません。

これは何か変だぞ!?


窓際のAH-3を見ると、アース側の線がはずれていました。

今度はこれでチューンが取れて交信できたのに驚く番です。


繋ぎなおすと受信状態は激変。(当たり前)

1.9で届かなかった方とは3.5のCW/SSBでできましたが、

1.9には戻られなかったようで結局交信できませんでした。


翌日は9時過ぎに外出のため途中棄権となりました。

昨年は特別賞の盾をいただいたのに、こんな結果でスミマセン。

2007年9月 9日 (日)

20007D&2021移動

久々に移動らしい移動運用をしてきました。

といっても、帰省していた娘をJR鶴舞駅まで送り、

北区の実家で用を済ませてからの移動。

昼までオール秋田コンテスト開催中でしたが、9時ごろ抜けて出発。

実家がR41近くの為、そのままR41を北上し豊山町を目指しました。

目指したといっても実家に住んでいた頃の行動範囲。

「随分変わったな~」と感想をもらしながら走っていました。

目的地は三菱さんが作った「航空館」が公園内にある神明公園。

デイキャンプ場もある大きな公園で、駐車場も3箇所ありました。

比較的新しい公園の為ウチのナビには登録がなく、

名古屋空港内に迷い込んだりしながらも何とか到着。

航空館から一番遠い駐車スペース(空いていました)に車を停めて

まずは航空館の見学。

2Fの展望デッキからは目前の名古屋空港発着の飛行機が見えます。

(発着時刻表がデッキ出口の窓にはってありました)

11時半過ぎに7メガでCQを出すと、JA2MEI/M関さんからCallあり。

S9オーバーで大変強い!と思ったら隣町のモービルでした。

昼食後は車内が暑くなったので、自分の車の影にマットを敷いて

ホームレススタイルで運用しました。

影がなくなった後、再び車内に戻り久々の1箇所で100交信を超えました。

ちなみに豊山町は初運用でした。

CL後、空港の滑走路に沿って北上し、小牧市のエアフロントオアシスへ。

所要時間約3分でした。

Condxは悪くないようでしたが、7メガはQRMとQSBが多く局数は伸びませんでした。

また、空港に着陸する飛行機が頻繁に頭の上を通るので

そのときはサイドトーンも聞こえなくなりました。

時折降っていた雨が強くなりかけた16時に撤収。

約1時間で帰宅しました。

天気予報よりは曇りの時間が多かったものの結構暑かったです。

右手でパドル、左手で団扇を操作しながらの運用でした。(笑)

まだHamlogに入力していないので、正確な交信数発表は明日以降です。

2007年9月 4日 (火)

CWフィルタ

復活したFT101で時々7メガのCWを聞いているが、土日は厳しい受信状態になる。

今では、わざわざフィルタを追加しなくても受信帯域を任意に変えられる無線機がある位で、

CWで本格的に運用するには500Hz以下の狭帯域による受信環境が必須である。


T-11のような通信型IFTをメカフィルに変えたくても高価で手が出ず、漁業無線用受信機の怪しげなメカフィルを入手し、その切れに驚いていたのは遥か昔のことになった。

最初に使ったメーカー製SSBトランシーバー「FT‐200」にはCWフィルタは入れることすらできなかった。

初めて500Hz(600Hzだったか?)のCWフィルタを搭載したFT-400Sでは、上記のSSB用メカフィル使用時同様、QRMが一気に静かになるのに驚いた。

初めて買った真空管のない無線機「FT-301SD」には250Hzという超狭帯域のフィルタを入れたが、VFOの安定度がついていかなかった。


FT-400SにしてもFT-301にしても、モードをCWにすると自動的にフィルタが入るタイプだった。


焼失したFT620Bの後継機として長い間愛用したTS-600を引退させざるを得なくなった原因は、CWフィルタを入れられない構造だった。

HFならともかく、50MHzでCWフィルタが要るなんてTS-600のデビュー当時は誰も考えなかった。

6mの空いている2エリアでも、コンテストでは必須アイテムである。


折角復活したFT-101もなかなか出番が来ない。

といって、本体(中古価格)と同じくらいの投資はなかなか難しい。


なぜかデリカのQマルチを持っているが、わかる人はほとんどいないだろうなあ・・・

2007年9月 3日 (月)

近場移動

9月2日の日曜日、久々の移動運用に出かける予定でした。

ところが、予報では「日曜は雨なので、お出かけは土曜日に・・・」

今年は春先もこのパターンが多くあり、出かける予定の日に限って雨がよく降りました。


土曜の朝の7メガのコンディションは最悪!

オンエアミーティング参加のため約2時間聞いていましたが、結局チェックインできず。


日曜の朝目覚めてみると予報通り雨!

日曜のオンエアミーティングも酷いコンディションで、

隣県のキー局とかろうじて交信成功。

この段階で出かける気持ちは無くなっていました。


しかし午前の早い時間帯に雨は上がり、7メガのコンディションも午後からは随分回復しているようでした。


そこでとりあえず外で運用するだけでもいいかと思い、得意技の近場移動に出かけてみました。


困ったときの「JCC2031」は定番過ぎて今回はパス。

その手前のJCG20001Aに行ってみました。(所要時間約10分)


70106付近でCQ CQ ・・・・

予想に反して空振りはしませんでした。

途中クラスタにも上がったようで、706では限界を超える程沢山のコールをいただきました。

「PSE QSY 3R5」とのリクエストを7エリアの御馴染みさんからいただき、

「少し早い・・・」と思いながらQSYすると他の数局を含め何とか交信に成功。


10メガは8エリアしか聞こえず、14メガ&アップはさっぱりでしたが、1時間半ほどで90QSOを越えました。


気をよくして帰り道の途中、AJA200116でも出てみました。

こちらも快調なペースで呼んでいただきました。

1R9は流石にNGでしたが、こちらも3R5と7の2バンドで90超のQSOを記録。


今回はやや速い送信速度で運用。(706では速度を変える操作が面倒!)

これだけ快調に呼ばれると気持ちよいものです。


しかし、「来週も行くぞ~!」と意気込むとコケるパターンが多いので要注意。

2007年9月 1日 (土)

ハムフェア初参加(その4)

行けるのかどうかわからないが、来年に向けて気づいたことをメモしておこう。


① 入場方法

 「ぴあ」で前売りのあることは知っていたが、更に「前売り券交換所」で入場券と引き換えが必要とあったので、当日券購入を選択した。

しかし、30分以上並ばされるのはできればご遠慮したい。

並びながら「前売り券交換所」を探したが見つけられず。

でも当日券売り場前ほどの列は他になかったので、前売りが正解か?

当日券売り場と同じ窓口だったら意味なしなので、問い合わせが必要。

出展者として入るのが一番簡単のようだが、金曜から現地入りは無理だし・・・


② アイボール

某Blogで、「多くのブースが仲間内でワイワイやっているだけで、一般来場者への配慮不足」との意見を見た。

確かにそういった面もあったと思うが、幸いに私は空でのお馴染さんが多かったので、知っているコールサインを見かけると積極的に声をかけていき、楽しむことができた。


③ 宿泊先

土曜夜に秋葉原や新橋で歓談しようと思うと、今回の有明のホテルは不便。

ただ、会場にホテルから徒歩で行けることと、会場内で運用している方と交信するには絶好のロケーション。

XYLはヴィーナスフォートが気に入ったようで、もう少し検討が必要。


④ ポータブルワンの運用

今回はダミーロードを持っていったのに、HFで8JA1と交信するのを忘れていた。

ホテルの部屋からHFの運用は難しそうだが、あまり欲張ってはいけないかも。


⑤ その他

7月からデジカメがPCと接続できなくなった。

携帯の写メでは限界があり、FDもハムフェアもほとんどまともな写真がない。

写真撮影が目的ではないが、HPのことを考えると惜しい気持ちは禁じえない。

(近々後継機種が来るはず)


一度経験したことでおよその雰囲気がわかったので、

次回はもう少し落ち着いて過ごすことができるだろうと思う。

ようやく衛星か?

電信中心の移動やコンテストにアクティブな各局がこぞって行ってしまった感のあるSAT。

144/430自体が706MK2GMを買ってから始めたくらい疎いバンドで、

しかも決められた時間にきっちり出ねばならないという、

自分には不得意な要素ばかりであるためここまで見てみぬふり(笑)をしてきた。


一応HomeのG.P.で何回かは聞いていたのだが、何せ144/430のRigは706しかない。

IC910を買って1200MHzと一緒に進出との野望もあったが、現実は厳しかった。

友人からTS790をトレードすることも画策したがなかなか発展せず。


今回やっと144/430の受信機(電波も出せる?)を入手したので、

今更ながらだが、少しかじってみようと準備を始めた。


昨日2回、今日1回とVOにトライしてみるが、自分のダウンリンクが全く聞こえない。

タワートップのG.P.と部屋の窓から突き出した仮設小ヤギという組み合わせ。

東向きの窓のため小ヤギは向きをかなり限定されている。


外でホイップ(またはG.P.)+小ヤギにした方が衛星を追いかけやすいのだろうが、明日は雨の予報。


JAMSATのHPにあった500円アンテナでも作ってみようかな。

天頂向け2エレだかD.P.ってのも見た気がする。


どうせこれだけ出遅れたのだから、慌てることもない。

ボチボチやりましょう。


ご教授いただける方は是非アドバイスを下さい。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近のトラックバック