2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 入賞! | トップページ | リセット »

2008年1月24日 (木)

QRP

昨年夏に本格的QRP機(?)を使い始めた、所謂「なんちゃってQRP'er」の当局。

まだアンテナ切替のシステムができていないため、

通常は従来通りIC775の出力を絞っての運用により、

強力に入感していてパイルになっていない場合はQRPで呼んでいます。


今朝の7メガでは8J6HAMがCQを出していたので5Wで呼んでみました。

こちらでは聞こえない1エリアから複数呼ばれているようでなかなか届きません。

そのうち信号が下がってきたので、100W位にQROしてQSOに成功。

(今また599に上がっています)


下のほうではJT1BHが出ていて、Euと連続して交信していましたが

それが途切れたところで呼んでみました。(5Wで)


「QRZ?」「JH2C?」と何度も聞き返されながら539のレポートが戻ってきました。


QRPで呼ばれると「聞き取る方が大変」という声を良く聞きます。

それはその通りだと思います。

でも、それをどう受け止めるかは人によって違うでしょう。

当局は、たとえ国内でも100mWや10mWという単位の出力で飛ばして来る方の信号を聞くと、アンテナを含めたシステムとその出力にトライすされる精神に感動を覚えます。

更には、その信号を聞き取ることのできた自分も「エライ!」と自画自賛しています。(笑)


QRP運用を始めた頃、なかなか自分の電波が届かないと苛苛してストレスが溜まりました。(笑)


しかし最近では、相手局の出力や受信状態を想像したりして楽しめるようになりました。


コンテストに継続参戦していると、耳の良い局とそうでない局が凡そ分かってきます。

また、何とか自分の信号を強くしようとアンテナを工夫するようにもなりました。

(昨年80mを強化しようと、無理やりながらD.P.を張ってみました。)


「599BKだけで何が面白い?」と言われることもありますが、飽きることはありません。

« 入賞! | トップページ | リセット »

コメント

SEIさん、こんにちは。
いつも弱い信号を拾っていただき、感謝しています。
おっしゃるとおり、QRPの信号を拾うのはたいへんだろうな~と思いながら、QRPでやっています。HI
あまりにも???をもらうと、さっさとQRTしてしまいますが。

逆に、弱い信号を受信できたときは、無線という媒体のおもしろさを感じられると思うし、
逆に聞き取れない時は、自分のアンテナが悪いのか?はたまたコンディションが悪いのか、
いろいろ研究をする題材が出来ると思いますね。

QRPなんて、相手に迷惑だよとよく言われますが、
人それぞれで、QRP局もいかに上手くとばすか?アンテナ、設備、コンディションなどの研究をしていると、私は思っています。(なかなか自分では出来ませんけど)

だからこそQRPはQROにない、おもしろさ、奥深さがあると私は思っています。

木戸さん、栗原さん

いつも 2 way QRP QSO ありがとうございます。私は QRP は送信する方だけでなく、受信する方も面白いと考えています。(私の意見に賛成しない人が多くいることは承知しています。)ノイズレベルすれすれの弱々しい CW を、リグのボリュームを上げて必死に聞き取ることは、確かに「苦しい」かもしれません。しかし、QSO が成立したときの「嬉しさ」は格別です。

以前、新市のサービスで移動したとき、/QRP 局がコールしてきました。QRM と QRN がひどくてコールサインがコピーできず、何回も「AGN」を打ったところ、「SRI, 73, TU」と返ってきたので、「TRY, TRY, AGN, AGN」と打って、10分近く粘ったことがあります。そのときは結局 QSO は成立せず、悔しい思いをしました。

JH2CMH 木戸さん
おはようございます。

嬉しいことを書いてあり、ちょっと感動しています。(/_;)
確かに、QRPの信号はコンデションにより強い時も弱い時もあります。
私も、QRPですが相手の信号を確認しながらコールしています。
パイルになっている時は、ちょっとしたテクニックで隙間に入れてもらいQSOも楽しいもんです。
DXのコンテストなどは、私が/QRPを付けないでコールするとWの局は、UR QRP ?  と打たれるとビックリする時がありましたよ。
ちょっと楽しいQRPです。 (^^♪

QRP'erの皆さん、コメントありがとうございます。

50Wや100Wが当たり前の現在、
5W以下というと随分小電力というイメージがあります。
しかし、当局がSWLの時代は、3.5や7メガのAMで10Wの電波が全国から聞こえていました。
6AQ5や6AR5ファイナルの3W,5Wの方も結構おられました。
それと比較すれば、CWなら競合さえしなければ交信できて何の不思議もない訳です。
(しかも受信機の性能が当時の5球スーパーや高1中2より飛躍的に良くなっていています。)

「通信は必要最小限の電力で行なうべし」と習った記憶もあります。(笑)

古い話ばかりで失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/10045641

この記事へのトラックバック一覧です: QRP:

« 入賞! | トップページ | リセット »

最近のトラックバック