2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 春はまだ遠く | トップページ | 2007年ACG結果 »

2008年2月26日 (火)

アマチュア無線をやめた理由

同年代で、しかも同じ名古屋で無線をしていたことを知り、

「もしかして」と調べたらQSOの記録があり、

QSLも手元にあった作家、森氏の作品を久々に読んだ。

今回は日経パソコンに連載されていたエッセイを集めた物。

Tool

この本の中では、氏が無線をやめ飛行機や鉄道の模型工作へ行ってしまった理由が書かれている。

それは、「より高性能なものが自作するより完成品を買ったほうが安くなったから」とか。


私も自作の受信機で3.5や7メガのAMを聞いていたのが、

免許を取った頃にはSSBばかりになっていて、

開局用の送信機の自作は結局できなかった。

構成が簡単なメカフィルタイプのものはフィルタが高価で手が出ず、

安価な部品で作れそうなPSNタイプは回路がかなり複雑だった。


50メガAM用のキャリアコントロール変調の送信機を作ったこともあったが、

ほとんど無線機の製作はしなくなった。

その理由は森氏と同じであった。

ただ、私は交信そのものが楽しかったことと、

JCCなどのアワードを追うという目標ができたために、

無線を続けられたのだと思う。


また、HB9CVを始め、バードケージや5Aスペシャルなど色々なアンテナを作って試していた。

(Es用にダブルダイバシティーなんて物も作った)


さて、今はどうだろう?

ここまで続けて来ると、今更何を目指すとか、何が面白いからというものではないようだ。


もっとも、和文電信はまだ習得中であるし、SATは未だ一度もできていない。

まだまだ色々と楽しめそうではある。

« 春はまだ遠く | トップページ | 2007年ACG結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/10771707

この記事へのトラックバック一覧です: アマチュア無線をやめた理由:

« 春はまだ遠く | トップページ | 2007年ACG結果 »

最近のトラックバック