2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 雨上がりの日曜 | トップページ | 東海QSOコンテスト参加者数 »

2008年5月27日 (火)

徒歩移動余話(2)

4月の花見移動(?)では、

アンテナの設置環境が金属フェンスの場合、

その影響でVCHアンテナの共振点が変わるようで、

切り株や杭に設置すれば大丈夫という結論に至りました。


ところが、GWの移動では、最初の中川区でいきなりトラブルが発生。

最初に固定したコンクリートのモニュメント(?)の時は、

すぐ近くに鉄製の街灯があるのでその影響かと無理やり納得させても、

同じ公園内の別の場所では、周囲に金属の静物がないにも関わらず不調のまま。

次に行った中村区では、切り株に固定したところ問題なく動作しました。


今になって考えれば、この段階で本腰を入れて原因を究明し再調整するべきでした。

しかし、直接運用に関係のないアナライザを持っていくことは、

荷物のかさと重さが増える為どうも気が進みませんでした。

そこで、VCHアンテナがダメなときの代替として、

軽量D.P.を新たに作っていたのですからあきれてしまいます。

D.P.と追加の同軸ケーブルもある程度の荷物になるのに・・・・


次の日の熱田区でもやはりVCHは不調。

代替案のD.P.も、持って行った部材と釣竿ではうまく給電点が上がらずNG。

1局も交信出来ずにその場を後にするという結果になってしまいました。

2箇所目の港区では、Condxは良くないもののVCHアンテナ自体は正常に動作しました。


次の日の守山区には、アンテナアナライザと上部エレメントを延長するためのビニル線を持参しました。

守山区では共振点が7.2MHz辺りと高かったため、

上部エレメントを10cmほど延長した所、SWR最低点が7.05まで変わり、

7.010付近でもSWR≒1.5位と実用範囲内に収まりました。


しかし、製作時の共振点は7.2MHzではなかったはずで、

なぜ上部エレメントが短い状態になってしまったのかは不明。


その原因が判明したのは、その後行った東区でした。


以下、(3)に続きます

« 雨上がりの日曜 | トップページ | 東海QSOコンテスト参加者数 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/21212464

この記事へのトラックバック一覧です: 徒歩移動余話(2):

« 雨上がりの日曜 | トップページ | 東海QSOコンテスト参加者数 »

最近のトラックバック