2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« フィールドデー コンテスト参加記 その1 | トップページ | 天国からのカード »

2008年8月 5日 (火)

フィールドデー コンテスト参加記 その2

発々が発火・炎上しても、火事にさえならなければ運用を続けられたのですが、

トラブルが発生したのはPCでした。

11時から7MHzでCQを出していたところ、

符号が乱れた後キーダウン状態になり、画面が真っ黒になりました。

RPT I/Fの場合、zLogを立ち上げていないと、信号レベルの関係でキーダウン状態になります


どうやら熱でPCがダウンしたようです。

電源スイッチは再び入らず、起動しなくなりました。

扇風機で30分ほど冷やしてみましたが、周囲の温度が35℃を超える環境では無駄でした。


各バンドとも未交信局を探す時間帯です。

特に14/21MHzはパイルアップが収まってから呼びに回る予定でしたが、

交信履歴が不明の状態ではそれも不可能になりました。


已む無く紙ログでCQを出して呼ばれるのを待つことにしました。

7MHzではこちらの出ている周波数で、他の方にいきなりCQを出されてしまいました。

この「乗っ取り・幅寄せ」は意図的かどうかを別として良くあることですが、

呼びに回れない状況では普段以上に辛かったです。


「このままPCが永眠したらどうしよう?!」

「HDDからデータを取り出すくらいのことは可能だろう」などなど、

頭の中が混乱する状態でCLしたのは12時を過ぎた辺りでした。


そこから撤収を開始しました。

早めに開始したため作業のペースは上がらないながらも、何とか撤収作業は終了。

2往復して自宅へ機材を搬入し、今年のF.D.は終わりました。


冷房の効いた部屋で休息した後、人間もPCも無事復活しました。

思えばPC用の「熱さまシート」を忘れたのが敗因でした。

事前準備の時間は十分あったはずなのに・・・・

Fdant1

昨年と変わった所は

① ぎぼしD.P.の1.9用エレメントを張った(コンテストには関係ないが・・・)

② 50MHzのアンテナを3エレデルタループから6エレ八木にした

③ 144/430MHzのG.P.のマストが2.5m×3から、2.5m×2になった


当面は発々のチェック&メンテナンスが急務です。

« フィールドデー コンテスト参加記 その1 | トップページ | 天国からのカード »

コメント

おつかれさまでした。

 乗っ取りCQ多かったですね。
強さからみて「確信犯」が多かったような気がします。頑張って何局か撃退しました。Hi

 わたしの担当した7MHzのPCも、画面がチラチラして、いつ昇天するかわからない状態で、ヒヤヒヤものでした。

植松です。

私もFDでパソコンの過熱が発生したことがあります。そのときは車を締め切ってエアコンをいれてしばらくすると戻りました。

その後、USB接続の下敷きファンを導入したこともありますが、電圧の関係かリグコントロールに影響が出ました。今回は直径8cmくらいの扇風機を常にキーボードに向けて回してみたら、なんとか乗り切れました。

苦労しますね。

お疲れ様でした。PCなしのコンテストは辛いですね。
私はFDに初めて移動で参加(JN1ZUA/1でハイバンド担当)しました。
発電機も何度か停止しましたが、一番手を焼いたのが蛾などの虫の襲撃でした。電灯を消してPC画面の明かりを頼りに運用することになってしまいました。HI

中出さん、
QRPでは「撃退」もできず、
呼びに回れない状態ではCLするしかありませんでした。Hi

植松さん、
3.5/14でのQSOありがとうございました。
はい、扇風機で冷やして復活を期待しましたが、焼け石に水(熱風)でNGでした。

田口さん、
ZUAとは3.5/7のLBだけでした。残念!
私はメッシュタープという蚊帳の中で運用していました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/22795211

この記事へのトラックバック一覧です: フィールドデー コンテスト参加記 その2:

« フィールドデー コンテスト参加記 その1 | トップページ | 天国からのカード »

最近のトラックバック