2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« ブレークイン(2) | トップページ | 蚊帳の外 »

2009年5月22日 (金)

DQP

DQP(デジタル QSO パーティー)が近づいてきました。

以前はTCP(テレコム QSO パーティー)でした。


移行措置(?)として、CWでの参加もできますが、

CWで「CQ DQP ・・・」は何か変だし、CQを出している局もほとんどいなかったので、

昨年はPSKで参加しました。


今年も、MMVRIの操作法を思い出しながら参加しようかと思っています。


PSK以外には、D-STARとWSJTの各部門がありますが、

そそもそ、どんな形式なのか知りません。


D-STARは、JARL NEWSで何度も紹介されていて、

ハムの祭典やハムフェアで実演コーナーがあったのも知ってはいます。

そういえば、JA2ZAKのメンバーに運用している方がいました!

ウチの現行設備では無理だと思います。


WSJTは?

EMEで使われていることぐらいしか知りませんでしたので、関連Webで調べてみました。

HFでも行われているのですね!

PSKやRTTYのように、フリーソフトをダウンロードすれば始められそうな感じでした。


ただ、送信と受信の時間が決まっているようで、

「予め掲示板等で運用時刻を予告するとよい」との解説もありました。

「微弱信号でも交信可能」というのは当局向きですが、

受信した信号の解読はPC任せというのには少し抵抗があります。


でも、考えてみればPSKやRTTYでも同じようなものですね。

デジタルモードというのはそういうものかと納得しました。

                      気付くのが遅い!

ダイアルを合わせて、マウスをクリックすれば交信成立!


そういう時代なのですね。


私がSATになかなか行けない理由の一つに、

運用時間が限定されることがあります。


WSJTもSATとは違った形で運用時間に制限があります。


無線のできる時間ができたときにスイッチを入れて、

「Condxが悪く何も聞こえない、残念!」とか「おっ、よく開けている。CQを出そう!」

というスタイルが、今の私には似合っています。

« ブレークイン(2) | トップページ | 蚊帳の外 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192241/29742251

この記事へのトラックバック一覧です: DQP:

« ブレークイン(2) | トップページ | 蚊帳の外 »

最近のトラックバック