2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

気になる天気

非常に不安定な天気のようで、天気予報も刻々と変わっていきます。

14時過ぎの名古屋地区の予報は、

8/1(土) 曇 時々雨

降水確率 6-12時 60%,12-18時 40%,18-24時 50%

昨日の予報の80%より下がっています。

詳細情報で移動先を見ると・・・・・終日小雨

1時間の降水量は

6時 3㎜

9時 2㎜

12時 1㎜

15時 1㎜

18時以降 0㎜

どうやら何とかできそうです。

本当かな?

さて、その前に

今日はこれから5時限連続でお仕事です。

2009年7月30日 (木)

動いた!

昨年はやたらとエンストした発電機の動作チェックをしました。

15分ほど試運転したところ、まずまず安定して動きました。

負荷をかけたときにどうなるのか、不安は残るものの、

とりあえずバッテリーに充電しながらの運用はできそうです。

ダメだったら新規購入も考えましたが、

年に数回しか使わない(昨年のFDからは一度も使っていません)ので、

いよいよのときはレンタルするつもりでした。

少し調べたところ、1泊2日で3000円程度のようでした。

貸し出し・返却はその2日の前後でOK。

中には送料無料で宅配してくれる業者もありましたが、

こちらは2KW以上の縁日用でした。

一方、今週初めの天気予報では、

曇り時々雨、降水確率70%  だった土曜の天気が、

雨、降水確率80%  に変わっていました。

折角今日の晴れで土地が乾くと思ったのに、

これはまずいことになりそうです。

2009年7月29日 (水)

次々到着

相変わらず雨が降ったり止んだりしています。


地面が乾燥する晴れ間がないと、

車を乗り入れるとスタックしてしまい、

移動予定地(休耕田)は使用できなくなります。


そんな折、FDで今年新規投入のあるモノが到着。

果たして使えるようになるかどうか。


続いて7月分のQSLも到着。

靴箱に戻りました。

ざっと見ただけですが、その中に入っていました。

8j1a



                  あと2枚・・・

2009年7月28日 (火)

名古屋で開催のイベント

無線ネタではありませんが、地元紙朝刊よりの情報


1.「ハードボイルドの世界・大沢在昌小説展」

  於 文化のみち二葉館(東区撞木町)

  9月6日まで

  新宿鮫の直筆原稿、直木賞記念色紙など資料130点を展示


2.蓄音機の仕組みや歴史をたどる企画展

  於 産業技術記念館(西区則武)

  9月27日まで

  エジソンが発明してから昭和初期までの蓄音機の歴史を

  本体、SP盤レコードなど25点を展示


3.自然昆虫展

  於 名古屋城天守閣1階(中区本丸)

  8月31日まで

  名古屋城内外で観察された昆虫の紹介

  140種379点の標本・写真パネルで紹介

2009年7月27日 (月)

IOTAとBD

土日に開催されていた2つのコンテストは、

毎度のことながら短時間の顔見世参加でした。

BD(Birthday)コンテストは、誕生日がナンバー&マルチです。

31日のうちどのくらいできるか興味をもって参加しました。

24日分という結果はまずまずでしょうか?

同じ誕生日の方との交信は高得点になるのですが、

私と同じ誕生日の方とはお会いできませんでした。Hi

月曜日は朝から雨、午前中には地震もありました。

まだまだ梅雨明けは先のようです。

2009年7月25日 (土)

土曜はどーよ?

朝のOAM当番は無事終了しました。

最近には珍しく近距離が不安定なCondxでした。

7.111MHzは、強力なSSBの信号のカブリで大苦戦。

(IC775と比べて)抑圧に弱いIC756の弱点が露呈した形となりました。

それでも706MKⅡGよりはましなのですが・・・

それぞれ値段相応であることを改めて実感しました。

昼過ぎからは時折強い雨が降っています。

FDの設営がある、来週土曜の天気が気になります。

天気予報では降水確率40%と ビミョーな数字。

土曜休みは、1年を通してもFDとハムフェアの日くらいしかありません。

折角休みにしているのだから、早い時間から設営開始した方がよいかとも思います。

ちなみに行き先は、電波の飛びよりも利便性を重視した、全くの平地です。(笑)

去年は1.9MHzのリクエストがあったので1.9用のダイポールを張りました。

今年は3.5MHzからでよさそうです。

あま市

本日の地元紙朝刊に

新市名は「あま市」に

との記事が載りました。

来年3月に七宝・美和・甚目寺の3町が合併してできる市名が

公募で多かった「西名古屋」「名西」「海部」と

小委員会選出の「あま」「海東」「西尾張」の6候補から

合併協議会委員・協議会長の投票により決まったようです。

甚目寺はアクティブな方がいらっしゃることもあって、

まだ運用したことがありません。

消滅前に一度は行っておきたいです。

2009年7月24日 (金)

PSE SSB?

今日の10時過ぎに、18MHzでCQが聞こえたUA0の局を呼びました。

PCかメモリーキーヤーのような符号のCQでしたが、

ゆっくりした手打ちの符号で応答がありました。

1stQSOだったので、RSTレポートの後はQTHとNameの交換という

所謂ラバースタンプQSOになりました。

ところがその次は天候や設備ではなく「SSB OK?」と打って来られました。

通常は無線機にマイクがつながっていないので、

SRI HVE NO MIC NOW」と送ると、

OK WILL QSL VIA BURO TNX QSO ・・・・・

とファイナルを送られて交信が終わりました。

その後もCQを出されていましたが、SSBで何を話したかったのでしょうか?

日本語が得意な方なのか?

日本人オペレーターだったのか?

名前はVLAD(ウラジミール)さんだったから多分違う??

他のバンドへのQSYには対応できても、

SSBへのQSYができないのは変でしょうか?

明日の朝のOAMは、当局がキー局です。

7:00~8:30は7.025MHz、8:30~9:00は7.111MHzの予定です。

2009年7月23日 (木)

予約完了

Hamfair2009

帰りの新幹線の乗車券が今日の11時から発売になり、

早速、往復の指定席を確保しました。

今年もJR東海ツアーズ

「ぷらっとこだま」のグリーンです。

名古屋~東京(品川)で1時間余計にかかりますが、

このプランはなかなかGoodです。

2009年7月22日 (水)

参加証

A1クラブQSOパーティーの参加証が到着しました。

A1pty

最終結果をアップロードできないまま締め切りを迎えてしまい、

関係各位には大変失礼しました。

10日前

朝から厚い曇がたちこめていて、日食の観察は期待薄です。

さて、10日後はF.D.。

昨年やたらとエンストした発々の調子が一番の心配事。

毎年課題になっている144/430MHzのアンテナも全く手付かずで、

今年もG.P.でお茶濁しになりそうです。

50MHzは6エレの八木なのに、バランスが悪いです。(汗)

今ある「マルドルの2バンド小八木」にエレメントを追加するとか、

いっそのこと新規にスタックを買うという方法もありますが、

F.D.以外では多分使わないのでなかなか踏み切れないまま

また1年経ってしまいました。

ご利益

7QPが終わり、

A1クラブの拡張周波数帯QSOマラソンもそろそろ200を超えたはずと思って集計してみました。

すると、300を超えていました!

早速申請書を送り、認定証をいただきました。

Qsomarathon300

100交信が19番目でしたから、結果としてまずまずのペースになったようです。

2009年7月20日 (月)

海の日

10時からALL滋賀コンテストが始まります。

周波数によって時間帯が異なるスタイルです。

例によって今日は平常勤務日なので、午後は参加不可です。

平常勤務というより、今日から夏期講習が始まります・・・・

7QPも今日が最終日です。

2009年7月17日 (金)

雷雨

今朝は雨。

「東海地方にはまだ梅雨前線が残っている」と気象台が言っていた通りの天気になりました。

9時半頃には雷雨になりました。

雷がおさまった10時過ぎから30分ほど7QPで「CQ CQ ・・・」

A1クラブのメンバーから続けてお呼びがかかり、

2局連続して和文での交信になりました。

2009年7月16日 (木)

AJD完成

7QPでのJA70部門で残っていた8エリアが先ほどやっとできました。

早速申請書を作成し提出しました。

DX 7エンティティーは、IARU HFのときにSSBに出れば達成できたようです。

私は最初からあきらめていました。

毎度のことながら執着心不足です。

2009年7月15日 (水)

到着!

昨日7QPと同時に、IARU HF関連のアワード「W-HQ-S」の申請書を作成しました。

今朝メールチェックをしたら、もう届いていました。

Whqs

QSLを集めてから料金を添えて申請書を提出、数日から数週間後郵送で到着という従来のスタイルではないのは、私がMGRをしているCW-777&A1CCと同じです。

CW-777&A1CCも概ね好評をいただいていますが、

自分もこうして受け取ってみると、速さと簡便さは大変快適です。

2009年7月12日 (日)

ハムの祭典

8時前にクラブの会長に迎えに来ていただき、

会長の車のRigのD-STARの交信をききながら

会場の名古屋市公会堂へ向かいました。

9時前に入場しCWコーナーのセッティング中、

JG2GSY局から公開運用の申し込みのお誘いをいただきました。

GSY局から勧められるまま、7.1MHz帯で8J240M/2の運用となりましたが、

IC-706MKⅡGにCWフィルタが入っていないことが判明。

すっかり鈍った耳の私には厳しい環境です。

案の定7.1MHz帯は何とか2局は交信できましたが、SSBのQRMであえなく撤退の羽目になりました。

7.011に移って再開しましたが、CQ TESTのQRMもあったりして、

「QRZ?」「PSE AGN」を連発するLIDなOPぶりを大公開してしまいました。

9時半頃から10時過ぎまでの下手くそなOPは私です(大汗)

その後はCWコーナーの当番をしていて、

多くの方とアイボールできました。

JA1DCL日野OMやJA2DNA堀尾OMとは初めてお話させていただきました。

SWL時代にQSLをいただいたJA2JIP蒔田OMには約40年前のお礼ができました。

最近は1.9MHzの移動にアクティブなJF2CRP大島さんともご挨拶できました。

他にも多くの方と色々お話ができ、大変FBでした。

QSLカードのビューロー発送依頼後、在庫が1000枚を切ったばかりのQSL用紙を購入。

外の駐車場まで運んでいただきました。VY TNX!

本日持ち帰ったものは↓

2009071202

東海QSOの盾の手前は、某クラブメンバー氏から

「もう使わないから」と頂いたデータ面のみ印刷のQSL用紙。

氏とは久しぶりの再開でしたが。無線機もとうに処分したとのことで

寂しい思いをしながら持ち帰りました。

右端は恒例の支部大会記念品のマグカップ。

JH2CGE,JH2CKP,JH2FZF,JF2ACB,JG2QNNのクラブ2001メンバーと

会場でアイボールしていただいた皆さんに心から御礼申し上げます。

ありがとうございました。

さて

IARU TESTは日付が変わる頃に少し出ました。

14MHzはEu方面がFBで、HQ局も沢山できました。

1.9MHzでJAとロシアのHQ局ができました。

ロシアはかなり厳しいようで何度も聞き返されました。Hi

先ほど日曜朝の和文OAMも無事終わり、

これから朝食を摂って8時過ぎに家を出ます。

2009年7月11日 (土)

朝からバタバタ

土曜朝恒例のOAM

今朝のキー局は長野県の局でした。

長野といっても南の方なので、これまでは結構苦戦していました。

7.025MHzは7:45までと告知されていたため、

7:20頃起き出して無線機のスイッチを入れると、ジャストS9くらいで聞こえました。

ここ一番の200Wフルパワーでコールしたら、1回目でピックアップされました。

SSBでは10Wの局に呼び負けるほど頼りない200Wですが、今回は気合勝ちかな?

7.1MHzへ移ったOAMを朝食後聞いてみると、Condxはガタ落ちでカスカスになっていました。

暫く聞いていると少し上がってきて、隣県の某局がQSOに成功したのが聞こえました。

その後呼んでみると応答あり。559を送り569をもらいました。

昨日同様7QPのCQがあちこちで聞こえましたが、

どこも数局ずつ重なって呼んでいます。

こんなときは空いている所を探してCQを出すのが一番です。

空振りも結構ありましたが10局ほどとQSOできました。

「7つの異なるエリア」クリアまでリーチがかかっていたのは難なく上がり。

終盤までこれだけ多くの局が出ているようなら70交信も可能性がありそうです。

8:50頃から所用で外出。

9:30過ぎに帰宅して、JAGのWARC PTYを覘いてみることにしました。

18MHzのSSBではメンバー局のCQが聞こえましたが、CWは全く聞こえません。

10/18/24の各推奨周波数でCQを出しても、なかなかなか呼ばれませんでした。

そうこうするうちにタイムアップとなりました。

2009年7月10日 (金)

7QP

本日から20日まで「7MHz帯拡大記念QSOパーティー」が行われています。

8時半頃少し聞いたら「CQ 7QP」が沢山聞こえました。

参加部門を確認してみると、

① JAの異なる7以上のコールエリアと交信

② JAの異なる70局と交信

③ 異なる7エンティティーの局と交信

④ JA外の70局と交信

の4部門があるようです。

①は普通にやっていれば問題なしでしょう。

②は余程頑張らないと難しいが、可能性はありそう。

④はどうやっても無理、

③は相手次第で可能性はゼロではないかも。

2009年7月 9日 (木)

新聞記事

後援の地元新聞に昨日掲載されていました。

20090712

最新型無線機器って何だろう?

ところで、

今日の朝刊では、S&Gの名古屋公演の下に

拓郎の大阪公演中止の記事が・・・

体調不良のため名古屋で途中下車、

休養後大阪に向かったが結局中止になったとか。

先月、心筋梗塞で倒れた つボイノリオ氏は復帰したラジオ番組で、

「直前でコンサートを中止するのは余程のこと」と言っています。

心配です

2009年7月 8日 (水)

今晩、名古屋でS&Gのコンサートが行われます。

地元ラジオのニュースによれば、まだチケットが若干残っているとか。

歌自体は、S&S(坂崎&桜井)の方が本物よりオリジナルに近いという話には苦笑させられましたが、実物を見る価値はあると思います。

自分は行けませんけれど、コンサート当日の朝に

まだチケットが残っているというのは少々寂しいです。

2009年7月 6日 (月)

6&D顛末記

不戦敗にならないように、6&Dのログ&サマリーを作成・送信しました。

今回はzLogとRigの接続をシンプルにする目的で、

IC-706MKⅡGM1台のみで参加しました。

706を使うときの問題は

① 送受切り替え時のバタバタ音が大きい。

② IC-775や756のようなバンドスタッキングレジスタがない

の2つ

①は、多少不便でもセミブレークインを使うしかありません。

②は、同一バンド内でCW⇔SSBを行き来するときに、

たとえばCWの50.060からSSBの50.260へ移るときにダイアルを回すのは大変です。

その対策として、メモリーに

50.060 CW,50.260 SSB,144.060 CW,144.260 SSB,145.000 FM,・・・・・のように書き込んであり、

周波数変更もBANDのUP/DOWNを使わず、メモリーチャンネルを変えることで行っています。

ところが、ここで問題が1つ。

こちらのCQに対してずれた周波数で呼ばれた場合

RIT操作のため下の黄色矢印のつまみを回すと、

これがメモリチャンネルの切り替えを兼ねているため、

赤丸のスイッチでRITに変更していないときはチャンネルが切り替わってしまいます。

20096d

慌てて元のチャンネルに戻しても、

50.060のようなメモリ設定周波数にしか戻れないため

運用していた周波数に戻ることができません。

CQを出している周波数をRigのメモパッドに書き込んだり、メモ用紙に控えればよいのですが、ついつい忘れがちです。

今回の6&Dでも度々あり、そのうち数回はメモを忘れて元に戻れなくなりました。

突然消えてしまいご迷惑をおかけした方にはお詫び申し上げます。

また非常に強い局は±2KHz辺りでもその信号が聞こえてしまうため、

弱い局の受信時には非常に邪魔でした。

ロギングはWindows98のノートPCでzLogを使い、

CW I/FとフォーンのCQマシンは快調に動作しました。

2009年7月 5日 (日)

6m AND DOWN コンテスト

何とか完走できました。

ログデータもHamlogへ結合完了。

あとはログの提出忘れをしないように、早めに処理しましょう。

ALL JAに続いて<M>で参加しました。

漠然と300×60の18000点を目標にしていました。

100交信できた時刻は23:43

1:00にCLしたときは130交信でした。

目が覚めたのは6:30!

普段の生活とあまり変わらないくらい良く寝ました。(汗)

50MHzでは、QRPのときはいくら呼んでも気づいてもらえない

JA1Y△□、JA1Z○▽、JM1◎△×、などの1エリア各局からも応答あり。

(JR1Z□△だけは今回も応答がありませんでした)

8時になると沖縄の移動局が入感。

9時過ぎには北海道も聞こえ始めました。

7エリアも少し聞こえたところで、外出する時刻になり中断。

約1時間後帰宅したときにも、まだEsは出ていて一安心。

10:05に200交信を記録しました。

12時頃には144MHzで1エリアが少しだけ聞こえて、12:21には交信数が250に乗りました。

ただ6mのEsが消えると、各バンドともNewがなかなか見つからなくなり、

急激にペースダウン。

14:00にジャスト280交信。

のこり1時間で20交信はかなり難しい数字でした。

ところが残り10分を切ったあたりで再度Es発生!

沖縄と北海道の局のCQを次々に呼んでいき、

14:59に300交信できました。

最後のEsには気づかない局も多かったようで、

ほとんどノーパイルだったのが幸いしました。

50MHz電信での交信数が100を超えました。

これは初めてのことです。

QSOしていただいた皆さん、ありがとうございました。

2009年7月 4日 (土)

I'm home!

帰宅しました。

何とか間に合いそうです。

2009年7月 3日 (金)

明日は6&D

日曜の午前中、所用で外出することは避けられそうにありません。

まあ、2エリアのV/UHFの現状ではEsの大オープンがない限り大勢に影響はありません。

夜はしっかり寝ているし・・・・

昨年のように「正午で終了」よりは少しはましでしょう。

2009年7月 2日 (木)

ハイバンドが好調?

家を出る前に少しだけワッチしました。

18MHzのCWでは1エリアがS9~S9+20dB、

21MHzと28MHzではSSBで7・8エリアが「ごときゅう」で聞こえていました。

28MHzで出ていた隣県の特別記念局はカスカスでした

18MHzのCWに5Wで出て、数局交信できました。

2009年7月 1日 (水)

不戦敗

昨日の朝、6月にあったコンテストの書類を作成&提出しました。

既に締め切られていたのが、

JA0 21-28,宮崎,神奈川

A1 QSO PTYも参加賞用SASEは出せたものの、ログの更新はできませんでした。

今週末は6m&Downが開催されます。

フル参加できるかどうかは微妙な情勢です。

Hirune_2

コンテストより昼寝?

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

最近のトラックバック