2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

新着QSL

70%位詰まった靴箱で、9月分のQSLが届きました。

まだざっと見ただけですが、とりあえず恒例の特別局のご紹介です。

8n1y8j1axa

8n1momo

8j4ff

8j540m

 40Mシリーズでは最速で到着しました。 VY TNX!

8j6don

8j8150h

なつかCM(続編)

初歩のラジオにあった科学教材社の広告は、憧れのキットが満載でした。

0v2

SWL時代の憧れといえば何といっても59Dライン。(格好よかったですね)

Dline

そしてSSBといえば八重洲!

50line

広告のコピー通り、

私が「従事者免許取得→開局」と歩みを進めている間に

HFのAMはどんどん減って行きました。

2009年9月29日 (火)

なつかCM

昨夜の「カンブリア宮殿」に出演された社長が

アマ無線をされている写真が映りました。

そのコールサインをこれで調べてみました。

Callbook

SWL時代に大枚をはたいて買った(\1400)コールブック

40年前か?!

改めてページをめくると、懐かしい広告が目に飛び込んできました。

Natu3

TS-510、TX-599&JR-599、TX-310&JR-310

Natu2

FT-400S、FL-50B&FR-50B

Natu4

TR-1100、TR-7100

Natu1

IC-700R&IC-700T&IC-2K、IC-2F、FDAM-3

2009年9月28日 (月)

到着!

出勤時に郵便受けを見たら届いていました。

A1test

一緒に来ていたJAGの会報には、今年のWARCバンドのPTY参加局一覧がありました。

「?」  「自分のコールサインがない!」

確か、CWでノルマは達成したはずです。

どうやらログを出し忘れたようです。


今年は例年以上にこのパターンが多くていけません。

XPOとAIは明日処理することにします。

春日町移動(結果)

行ってきました。

家を出たのは10:40頃

自宅から東名阪 一社ICへの道は、

途中まで名古屋高速 高針ICへの道と同じなので、

少し混んでいました。

清洲東ICで降りて、R22を経由して北名古屋市側から春日町へ向かいました。

直前にあったコンビニに駐車して撮影した標識がこれ。

Haruhi1

町内に入ると、歩道橋に「新清須市誕生」の横断幕がかかっていましたが、

駐車スペースがなかったため、その画像はありません。


目的地は、町の一番北西の稲春橋。

橋を渡ると稲沢市、堤防を少し北上すると一宮市という所で、

10年以上前に見つけた移動ポイントです。

Haruhi6

写真の左が五条川、右側(土手の下)は畑というまずまずのロケーションです。

アンテナは、7/10MHzのダイポールと3.5と18MHz&UP用のL.W.+ATUというハイブリッド(?)システム。

車内は、移動セットの箱の上に棚板を置いた長時間対応型。

Haruhi2

バッテリー容量に不安があるため、FT-817(シールドバッテリーで駆動)と

手前右には電圧監視用のテスターも見えます。


運用開始は10:53

手始めに817で7.011MHzでCQを出してみました。

最初に呼んでこられたのは1エリアの局で、その後、4-7-2-1と続きました。

ただ、QSBが大きくCondxはあまり良くない模様。

事実、その後はまったく呼ばれなくなりました。


706に変えて、10数局呼ばれましたが、その後は再び空振りが続きます。

7MHzがこの状態では期待できないと思いながら、10MHzから上へQSY。

10MHzと14MHzで8エリアの局とできましたが、14MHzはかなり厳しい状態での交信でした。

空振りが続く間はこんな状態。

Haruhi3

そうこうするうちに12時近くになったので、昼食を摂ることにしました。

食べ始めると、急に呼ばれ始めて大慌て。

20局ほどは、おにぎりを口に咥えたままQSOしていました。(失礼!)

13時を過ぎると更にCondxが下がったようで、7エリア以外は聞こえなくなりました。


FT-817にマイクを繋いで、8N7IOTA/7や春日町移動局とQSOしました。


13時台は5局、14時台は8局という悲惨な状況。

時々停波して、堤防周辺を散歩していましたけれど・・・


15時半過ぎになって、ようやく少し上昇し呼ばれ始めました。

ところが、CL予定の16時を過ぎた頃からバッテリーの限界が近づき、

負荷をかけたときの電圧降下が目立ち始めました。

終には「598」のレポートを頂くに至り、706での運用は終了。

FT-817に変えて少し運用し、16:30にCLしました。

Haruhi5

黄矢印は

Haruhi7

写真では標識の外で運用しているように見えますね。

橋のすぐ脇に立っていないのが不思議でした。(笑)


帰りは、清洲東IC入り口に着いたとき

目の前で料金所の表示が「閉鎖」に変わりました。


えっ?!


すぐ前の車が料金所の担当者と話をしています。

幸い、バックしなくても迂回路へ入ることができたので、

事情確認より岐路を急ぐことにしました。


名古屋市内の道路は、日曜夕方にしては空いていたのが不幸中の幸いで、

予定時間の2倍位で家までたどり着きました。


「ひょっとして」と思い、車から降ろしたATUをIC756に繋いで1.9MHzを聞いてみると、

現地でもお会いした方のCQが聞こえ、2コール目でWKD。

空白だった1.9MHzが埋まりました。


残った18/24/28MHzもQRVさえあれば交信できそうですが、

あと3日では難しいでしょうね。

2009年9月26日 (土)

集計モノ更新

HPの「集計モノ」を久々に更新しました。

データは9/10までのものですから、

HPに反映させるのに2週間以上かかったことになります。

年間交信数を見ると、

20090926

1.9~7MHzが例年を下回りそうなペースなのに対し、

24や28MHzは過去最高を更新しそうな勢いです。

2000年28MHzの276は何?

ARRL 10m で沢山交信した年かな?

2009年9月25日 (金)

移動予定

うっかりしていましたが、西春日井郡春日町は10月1日に清須と合併して消滅します。

先日のコンテストで移動されているOMもおられましたね


私は明後日の日曜に行こうと思います。

昼前から夕方までなら何とか都合がつきそうです。

(HFのCondxは期待できませんけれど)

私自身は、WARCバンドと160m&10mが未交信です。(笑)

キコリ谷

通販が始まったというので、早速XYLが買った牛乳

Milk

住所は○○市△△町・・・字***


ここは 「旧××郡△△町だ」 と思うのは無線家ならでは。


更には、字の後の「キコリ谷」という表記に驚きました。

2009年9月24日 (木)

3/4参加の結果

愛・地球博記念は、当初の予定より多く

開催時間の3/4ほど参加できました。

その結果は

Ai

7MHzは不安定なCondxのため、呼びに回った方が交信レートが上がりました。

といっても2桁に留まりました

28MHzでの10QSOは殆どが2・3エリアという珍しい結果でした。

2009年9月23日 (水)

愛・地球博記念コンテスト

昨夜は色々やりくりして、早めに帰宅。

22:30頃から1.9MHzに出ました。

晩飯のため中断して23時過ぎから1.9/3.5MHzに参戦。

65QSOできたところでタイムアップ。

1時間強で65QSOはまずまずかな?


今朝6時前に3.5MHzを聞いてみると、3.520あたりまで物凄いパイルアップが聞こえました。

某ペディションをスプリットで呼ぶ方?

とにかく皆さん信号が強い!


著名なDX'erの信号をいくつか聞きました。

ところで、×2で呼んでいる方が多かったのですが、これが標準なんでしょうか?


7MHzはXPOの時より良くない感じでした。

14~28MHzも普段は良く聞こえる6・7・8がなかなか開けてきません。


あちこちのバンドを覗きながら、何とか12時まで参戦した後、急いで出勤の準備。


寝不足ながら無事職場にたどり着きました。


ところで、昨夜1.9MHzに出ようとしてから、

ZLOGのCfgファイルが全交信1点という新ルールに対応していないことに気づきました。


交信は紙ログで行いながら、Cfgファイルを書き換えました。

Ai2

この部分の222を111に書き換えて一件落着。

ついでにコンテストの名称も

Ai1

プレ・コンテストのままだったのを修正しました。

 

2009年9月22日 (火)

マルチバンド

XPOの途中、やっと全バンドで交信できたときのスコア。

2009xpo

1200MHzは?という突っ込みはなし


まだコンテスト前半のため、QSYルールは未使用。

21MHzでの唯一の交信は3エリアの方でした。

Condxの悪いときでも聞こえる局はいらっしゃいます。

2009年9月21日 (月)

XPO記念コンテスト

何とか起き出して6時から参加しました。


1.9&3.5MHzは元々「とりあえず電波が出せる」レベルのL.W.+ATUというアンテナで、

「聞こえていても飛ばない」ことは日常茶飯事です。


最近はさらに調子が良くありません。

皆さんが呼んでいる1.9MHzの移動局が聞こえないことが多くなりました。


今朝は599でガンガン聞こえていたJA1の方とJK1の方を何度呼んでも

QRZ?すら返って来ません。


早々と1.9MHzに見切りをつけ、3.5MHzへQSYしました。


また、7~28MHzは酷いCondxでした。

8時半前後に7MHzで1エリアが599で聞こえましたが、30分ほどでフェードアウト。

3エリアのマルチは全く埋まりませんでした。


14MHzはスキャッタ(?)でJA1ZGPがずっと聞こえていてQSOもできたものの、

それ以外1エリアはどなたも聞こえませんでした。


5時間半ほど参加して、

1時間あたりの平均交信数は20強という有様。

出勤時刻ぎりぎりまでコンテストに出る予定が、

あまりの低調さのため早々とCLしました。

2009年9月19日 (土)

また 蜂だ!

7MHzの朝のCondxはまた良くないです。


土曜朝恒例のA1 CLUB OAMも、1エリアのキー局が何とか聞こえるものの、

7.025付近に広域のQRMがあり厳しい状態でした。


QSBの山で呼んで応答はあったものの、

QRMのレベルも上がってきて339しか送れませんでした。(汗)


朝食後、庭に水遣りをと思って玄関に行くと、

大きな蜂が1匹飛んでいました。


サイズは先週駆除したものより1回り大きく、

ブーンという羽音が響いています。


ドアを開ければ外へ出て行きそうですが、

ドア周辺を飛び回っているため、鍵を解除することもドアノブを回すこともできません。


娘がカギを持って、庭側の掃き出し戸から出て、

外からドアを開けたところ、すぐ外へ出て行きました。


それにしてもいつ入って来たのか?


XYLが出勤時に入れ違いで入った可能性が大。

急いで出て行ったので気づかなかったのかな?


水遣り前に庭周辺を調べたところ、

蜂も巣もとりあえず見当たりませんでした。

2009年9月18日 (金)

スケジュール確認

21日 06:00~18:00 XPO記念コンテスト

22日 21:00~24:00 & 23日 06:00~12:00 愛・地球博記念コンテスト


いずれも午前中だけ参加予定です。

2009年9月17日 (木)

QSLの記入方法

某MLで、相手局の移動地の記入が話題になっていました。

これに関しては、辛い(恥ずかしい)記憶があります。


それは



開局して数年後、アワードというものの存在を知り、

いくつかのアワードをローカル局と競争して追いかけ始めた頃です。


QSLの所持証明を近くのOMにお願いした際、


「/2しか書いてない(移動地の記載がない)」

「Confirming QSOの記載がない」

「周波数に『MHz』がない」

「交信時刻の『JST/GMT』がそのまま」

など、様々な不備を指摘されました。


「そうなのか~」と思った私は、以後頂いたカードに上記のような不備(?)があると、

「アワード申請のため□□の記載をお願いします」と書いて返送していました。


数年後、あるOMから

「貴局の移動地が書いてないとカードが戻ってきたが、それはおかしい」

という内容の手紙が届きました。


信頼していたOMの指導に従って行っていたことが間違いという指摘には、

当惑するしかありませんでした。


はじめたばかりのアワード収拾の為に視野が狭くなり、

自分自身で真偽を確認しなかったことを反省させられた出来事でした。


それ以降は、自分が交信した分の相手の移動先だjけは

分かる範囲で記載するようにしていました。


最近はコンテストによる交信の割合が増え、

交信時に相手の運用地の詳細がわからないことが多いので、

相手の移動先は記入(印刷)しない形式にしています。


電話では「移動地明記してカードはジャールへ」というフレーズをよく聞きました。


この話題になると、今でも冷や汗をかきます。(苦笑)

QSL発送

QSLビューローへ発送しました。

靴箱ほぼ一杯で送料は\840でした。


前回到着分のカードの処理がやっと終ったと思ったら、

あと2週間ほどで9月分が来ます。


カードの来るのは楽しみですが、受領処理が大変です。


でも、頂いたQSLはすべてチェックして、バンド・モード別に分類し

コールサイン順に収納しています。Hi

2009年9月16日 (水)

朝から凹む~

8時半頃14MHzで某国の特別局(?)が聞こえました。


呼んでみると、「JS2CMS 599」が返って来たので、

「DE JH 2CMH   JH 2CMH 599」とHの後を少し空けて599を送りました。

ここまでは時々あることです。


すると、

「OK JS2CMS UR 599」


全然OKじゃないじゃん!


仕方がないので、

「NO DE J E E E E 2CM E E E E」のように、

HをE4つにして打ってみました。


すると今度は、

「OK J E E E 2CM E E E」が返って来ました。


これって、何?

遊ばれているのかな?


流石に嫌になってきたので、

「NO NO DE JH JH 2CMH H H 599 TU」

(本当はTUという気分ではないが)

で終わりました。

以前にこれをやったら、「JHH2CMHH QSL」と打たれたことがあります・・・(笑)


朝から凹む出来事でした。

2009年9月15日 (火)

退治完了?

月曜の朝、少し早めに起きてハチの駆除をしようとしたら、

XYLが「昨夜、寝る前にやっておいた」と言います。


大胆というか無茶というか、女性は恐ろしい・・・


庭を見に行くと、20匹ほどのハチがミカンの木の下に落ちていました。

果実に止まっているものは1匹もいません。


既に6-7時間経過しているのですが、半数くらいはまだ触角や足を動かしています。

起き上がって歩いたり飛んだりする様子は全くありません。


更に薬剤をかけてから数時間後には、完全に動かなくなっていました。

ひとまずは無事に退治できたようです。

2009年9月14日 (月)

ハチに振り回された日曜日

土曜は30分ほどオール秋田に1.9/3.5MHzで参加。

日曜の朝は7MHzのCondxが悪く、なかなか聞こえてきませんでした。

やっと聞こえた宮崎のYokoさんを呼んで、和文OAMへのチェックインは完了。


毎週恒例の買出しから戻った後、7/14MHzでオール秋田を少しやりました。


昼食前に庭の掃除を手伝っていると、

直径5cmくらいになってきた緑色のミカンの果実の異常を発見。

茶色の縞模様が見えたので、大きな蛾でも止まっているのかと思いました。


ところがよく見ると、20匹くらいのスズメバチが群がっていました。

羽もほとんど動かさず、ただミカンにとまっているだけに見えましたが、

これでは水撒きもできません。


巣を作っている様子もなく、まさかミカンの果汁を吸っているのか?


ちょうど帰省中の娘(生物資源学部在籍中)に聞いても、

「専門外で~す」との返事。牛や羊が専門でした


Netで少し調べても決め手になる解答は見つからず。

そんなとき、最近TV CMで見かけるジェット噴射式のハチの駆除用殺虫剤を思い出し、

昼食後ホームセンターへ買いに行きました。


駆除には夕方から早朝がよいというので、18時過ぎにトライしてみました。

説明書には、薬剤の到達距離は10mで、巣の駆除には3~4mを推奨とありました。


玄関のドアの陰から狙いをつけると、距離は2mほどです。

逆襲された場合はすぐドアを閉められるよう用心しながら Fire!


その結果は・・・・


そんなに強い風ではないのに、1mくらい先からは風に流されてしまいNG。

思わず笑ってしまうくらい全く届きませんでした。



翌朝再チャレンジすることにして、その場は終了。

尚、写真撮影の為近づくのも怖かったため、画像はありません。

2009年9月12日 (土)

バッテリー(続編)

先日のバッテリーに関する書き込みに、

記事関連の広告がリンクされていました。


覗きに行ってみると、色々な種類のバッテリーを見ることができました。


その中に再生バッテリーの販売店があり、

40タイプが3,000円(2個なら5,000円)で送料無料でした。


大型のシールドバッテリーのお値打ちな店もありました。


一寸真面目に検討してみましょう。

2009年9月11日 (金)

バッテリー

移動運用時の電源として、F.D.の以外ではもっぱらバッテリーを使用しています。


以前は車検のたび車屋から程度の良い中古バッテリーを貰っていました。

60AH位の大きなものが多かったです。


短時間の近場移動で使うには重過ぎるので、

ホームセンターで38AHの小型バッテリーを購入したのは5年位前。

最安値の頃で1980円でした。


そのバッテリーが1時間程度で電圧降下をおこすようになりました。

そろそろ寿命のようです。


バッテリーを貰っていた車屋は、今年の夏前に無くなりました。

最近のホームセンターのチラシには、40AHクラスが3980円で出ていました。


Netで調べてみると、20AHのシールドバッテリーが6000円弱、40AHで1万円前後のようです。


現用の充電器が使えなくなりますが、シールドバッテリーにしたほうがよさそうな気もします。


さてどうしようか。


その前にFDで使えなかった発電機のテストをしないといけません。

2009年9月 9日 (水)

9月9日

2009/09/09なので少し注目されているようです。

20090909

残念ながら、この時計には09年は表示されていません。

2009年9月 8日 (火)

流行?

今週末はオール秋田コンテストがあります。

今年のルールを見たら、

12日は21:00-23:00で、13日が06:00-12:00のようです。


22・23日に開催される愛地球博記念コンテストも、

22日は21:00-24:00、23日が06:00-12:00です。


オール岐阜は以前からこのような形でしたが、

深夜&早朝はお休みというのがトレンドなんでしょうか?


ちなみに私は帰宅が23時前後のため、

このパターンだと夜の部の参加は困難です。

勿論、シルバーウィーク(?)の休みなどとは無縁です。

ALL JAなどでも5時間前後は寝ていますけれど・・・

2009年9月 7日 (月)

やっとデビュー戦

F.D.用に入手した144/430MHzのアンテナのテストをしてきました。


どうせなら山の上へ行こうと思っていたところ、

そういうときに限って色々と用事ができてしまい、

家を出られたのは14時近くになってからでした。


夕方には家に戻らねばならないということもあり、

近くでロケーションのよさそうな所を頭の中で検索し、

刈谷市洲原公園へ行くことにしました。


組み立ては工具不要で簡単でした。

ただエレメントが多いので、なかなか綺麗に平行になりません。

何とか取り付けてマストを伸ばしてみると、

今度はブームが地面に対して平行でなく、少し頭が下がっていました。


マストを縮めて再調整し、何とかそれなりの形で上がりました。

2009090601ant 

144.060MHzのCWで数回CQを出しましたが応答なし。

144.195MHzのSSBに変更してみると、春日井の局からお呼びがかかり、

めでたく初交信に成功しました。


結局144MHzではCWの1局を含めて、のべ9局とQSOできました。

このBlogを見ているという方とも初交信できました。TNX!


偶然でしょうが、ビームのバックから呼ばれる傾向がありました。

時々交信中にアンテナを回してみても、サイド・バックともあまり切れていない感じでした。


430MHzはFMで知多郡の方1局とだけ交信できました。


次回は三国山へ移動告知してから行ってみようと思います。


一旦アンテナを収納した後、L.W.を上げてHFにも出てみました。

2009090603

7MHzや10MHzは全くダメのようなので、3.5MHzに出てみました。

16時台という早い時間ながら、少しずつ呼んで頂けました。


ちなみに、写真の中央の影はカメラのレンズの汚れです。

レンズ内部の汚れなので直せそうにありません。

「今どきこんなカメラ?!」と言われながらも消費電力の少なさから

使い続けているデジカメもそろそろ引退時期のようです。

2009年9月 5日 (土)

運試し

土曜朝恒例のA1 CLUB OAM


今朝のキー局は、

先々私が週ビッグサイト前でキー局をしたとき、

隣のベンチからチェックインしてくださったAkiさんでした。


一時と比べてましになったとはいえ、まだまだ


聞こえるかどうか


こちらの信号が届くかどうか

(何回目のコールでピックアップされるか)



まさに、朝の運試し。


今朝は・・・・・

何とか聞こえました。

かなりQSBはあるものの、ピークでは599。


そんなに沢山の方が呼んでいるようでもなく、

QSBの山を狙って200Wでコールすると、「H? AGN」が返ってきて、

何とかワンコールでチェックインできました。


今日は何か良い事があるかな?

2009年9月 3日 (木)

ALL JA結果発表

4月に開催されたALL JAコンテストの結果が発表になりました。

http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_ja/2009/index.html


今年は気分転換のためエントリーを変えました。


気になる結果は、



順位は数えるのが大変なくらい下ながら、何とか入賞できたようです。

思わぬものと遭遇

ハムフェア前日は上野を徘徊していて、都立科学博物館へ行きました。

http://www.kahaku.go.jp/

数時間では回りきれないほど多種多様の展示がありましたが、

その中で一番記憶に残ったのはこれ。

Hakubutukan5

Hakubutukan6

記事や写真では見ていましたが、実物と遭遇するとは思いませんでした。

またその横にはこんなものがありました。

Hakubutukan7

私がコンピュータを学び始めたときはもう8008が出ていて、

4004は書物の中でしか見たことはありませんでした。

実際に勉強したのは8080で、本格的にプログラムを組んだのはZ80でした。

Z80については以前書きましたが、事務用ではなく工場のNCがメインでした。

2009年9月 1日 (火)

9月になりました

F.D.の雨天中止で始まった8月も終わり、今日から9月です。


無線に関しては、F.D.移動が中止になって以降、ぱっとしません。


ハムフェア自体は大いに楽しませていただきましたが、

「/1」の無線に関しては、7MHzのCondxもあまり良くなく、

部屋からのV/Uもイマイチでした。


今週末はAll Asian DX Test(PH)のようです。

SSBではさっぱり飛ばないので不参加です。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

最近のトラックバック