2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 無線家なら楽勝! | トップページ | これも楽勝 »

2009年11月21日 (土)

3連荘

土曜の朝は恒例のA1クラブOAMで始まります。

7時をかなり過ぎてから起き出し、Rigのスイッチを入れると、

広島のキー局が599で聞こえました。

キー局を呼ぶ側も広範囲に渡りよく聞こえていました。

今日は、9V1(シンガポール)から特別OAMもありました。

9時からの18MHzは最初何も聞こえず、

キー局を呼ぶ1や3エリアの局が微かに聞こえるだけでした。

暫く聞いていると徐々に信号が上がってきて、

ピークで559位になったところで無事QSOできました。

その後599で安定して聞こえるようになり、

途中でDXクラスタにアップされたため、

北米から沢山呼ばれていました。

W各局も強かった!

10時からの21MHzは最初聞こえないのは18MHzと同じ。

しかし、一向にCondxが上がって来ません。

QSBのピークで何とか聞こえるようになったところでCallすると、

「J・・・ ・・・San UR 559 BK」が返って来ましたが、・・・の部分が全く取れません。

そのまま聞いていると、再び「J・・・ ・・・San UR 559 BK」

誰も応答しないようで、ひょっとすると自分へのコールバックかもしれません。

しかし、Jしか取れていない状態でコールすることはできません。

(J・・・・は沢山いるでしょうから)

すると、今度は「JH2CMH ・・・・」とコピーできました。

2度も応答がないと「No Cpi」と見捨てられても仕方のないところでした。

粘り強く応答していただいたTedさんに感謝。

« 無線家なら楽勝! | トップページ | これも楽勝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無線家なら楽勝! | トップページ | これも楽勝 »

最近のトラックバック