2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 発見! | トップページ | Deadlines »

2010年6月 7日 (月)

ブリキ

今朝、久しぶりに縦振り電鍵を使って交信していて、

「縦振りキー」が「タテブリキー」に聞こえて(見えて)

ペラペラな感じがするという話を思い出しました。


かつて「縦振り」 or 「縦振れ」どちらが正しい言い方か

という議論もありました。


そしてブリキといえば、

中3数学の学習単元が平方根から二次方程式に進み、

次のような問題を扱う時期になりました。


横が縦より6cm長い長方形のブリキ板の四隅から、1編が4cmの正方形を切り取って直方体の容器をつくる。

容積が448立方センチメートルになるのは、ブリキ板の縦が何cmのときか。


幅が40cmのトタン板を折り曲げて、切り口の面積が192平方センチメートルの長方形になるような「とい」を作りたい。

両端から何cmのところで折り曲げればよいか。


展開図や見取り図がイメージできれば平易な問題です。

立式には直接関係ありませんが、

多くの生徒はブリキ板やトタン板がどんなものか知らないので、

「金属製のバケツやちりとりを見たことないかな?・・・・」

「(どこそこに)黒くて波うっている壁があるよね。・・・・・」

のような話を毎年します。

「とい」についても同様です。

最近の問題集では「鉄板」に改めたものもあります。

« 発見! | トップページ | Deadlines »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発見! | トップページ | Deadlines »

最近のトラックバック