2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« フィールドデーコンテスト 2010(その1) | トップページ | 5割増し »

2010年8月10日 (火)

フィールドデーコンテスト 2010 (その2)

Fd_012  

七輪の火で花火の着火が容易だったこともあり、

一昨年の残りの花火の処分大会となりました。


21時からはV/Uでスタート。

22時頃から3.5MHzに移るのもいつものパターンです。


今年は50W(M)でエントリーしているので、SSBで呼んでみました。

2/3位の確率で応答がありました。

ただコンテスト周波数でも、ラグチューと半々位であまり局数は伸びません。


CWへ降りて上から下まで一通り呼びまわった後、

隙間の周波数でランニング開始。


1時20分過ぎに180QSOを超えたところで一旦CLしました。


翌朝はタープの屋根に当たる雨音で目が覚めました。

時刻はまだ5時前!


慌てて起きるほどの雨脚ではなく、しばらくうとうとしていました。

しばらくして、車で寝ていた会長が昨夜のBBQ&花火の片付けを始めたのに気づき、

私も起きることにしました。

東の空の朝焼けが綺麗でした。

Asayake

写真を撮った頃はかなり色が薄くなっていました

Tenpasa

運用再開は5時。雨上がりのため、湿度が高いです。


6:30から7MHzへQSY。

徐々に近距離が開けてきました。


9時前に14MHzを覗いてみると、

6・7・8エリア以外に1・3・4・9も開いていました。


14MHzに時間をかけ過ぎて出遅れた7MHzは、

差し入れのアイスを食べながらランニング。

Ice

終了30分前くらいから雨が落ちてきました。

徐々に風が強くなりましたが、タープの側面を閉めることができたため雨が降り込むことがなく、運用を続けられました。


しかし残り5分になったとき、タープが風圧に耐えられず側面のシートがテーブルまで飛んできました。

途中だった交信を何とか終わらせてから「CL」を打電し、修復の手伝いに走りました。


その後、撤収途中に豪雨となりタープ内で待機。

そのタープが撤収中に風で飛ばされるアクシデントもありましたが、

17時には撤収作業を完了し、現地を後にしました。


アンテナやケーブルなどの機材は泥まみれとなり、

後始末はかなり手間がかかりました。


オペレーター2名+サポート1名の参加になりましたが、

今年もクラブ対抗へエントリーできそうです。


交信頂いた各局、そして色々お世話になった会長に、

改めてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

« フィールドデーコンテスト 2010(その1) | トップページ | 5割増し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィールドデーコンテスト 2010(その1) | トップページ | 5割増し »

最近のトラックバック