2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月)

無線なしの日曜日

29日は朝の和文OAMにチェックイン後、シャックには入れませんでした。


こちらのイベントに参加のため、10時半頃家を出ました。

0829_002

名古屋駅へ行く途中、大須アメ横へ寄って

QSLカードを出してきました。


斉藤孝氏を生で見るのは初めてでした。

最初はやや低めだったテンションも途中から上がってきて、

最後は演台上の水をひっくり返す位の調子になりました。

斉藤氏の講演の後、特別ゲスト(?)菊池桃子のお話(??)もありましたが、

そちらはパスして会場を後にしました。


来月から半年休館になる名古屋市科学館へ行くのがもうひとつも目的でした。

0829_006

後ろの球体が新しいプラネタリウムのドームで、

新旧2つのドームが見られるのは今だけです。


閉館時刻まであまり時間がありませんでしたが、

子どもの頃から通った科学館を建て替えられる前に、

もう一度見ておこうと思い中へ入りました。


帰宅後は、汗を流した後のビールで一日が終わりました。

2010年8月27日 (金)

A1CLUB Test

A1ctest2010

            本日到着しました。

最大出力50Wで、QSYルール(Running禁止)というのは自分向きかもしれません。

体重測定

Dp_005 

軽量ダイポールの重さを量ってみました。

エレメントを張るロープ込みで151gでした。

2010年8月26日 (木)

ALL JA0 21/28MHz Test

Ja0

      栄誉を讃えていただきました。

2010ハムフェア(3)

ホテルからのV/Uの運用は早々と諦めました。

日曜の朝は6:30にホテルを出て、リサーチしておいた公園へ向かいました。

ダイポールも張れそうでしたが、他の利用者のことも考えてVCHアンテナを立てました。

Oam6

和文OAM前に7.0125MHzでCQを出し、1,4,6,7,8とQSO。

和文OAMは、宮崎のYokoさんが599で聞こえたのでCallしてみましたが、

残念ながら重なって呼んでいたKimさんへYokoさんは応答されました。

「昨年と同じパターンだな~」と思いながらお二人の交信を聞き、

次にKimさんを呼びました。


他には誰も呼んでいないようでしたが、こちらの電波は届いていないようで、

Kimさんは何度もCQを出されていました。


チェックインを諦めて、7.011MHzで再度CQ CQ・・・・

1,2,3,4,6,7,9エリアから次々とお呼びがかかりました。


そろそろホテルへ戻る時刻となりました。

CL前にもう一度OAMを聞いてみようとダイヤルを合わせると、

交信中の1-2エリアの両局とも599で聞こえていました。


帰る前にもう一度だけトライしようとCallすると、

豊橋の西田さんに拾っていただけました。


こちらの信号はQSBの谷間に入ると厳しいようでしたが、何とか交信に成功しました。


交信終了後ホテルへ急いで戻って朝食を済ませ、ビッグサイトへ向かいました。


土曜より遅い時刻だったため、駅前のコンビニは超満員!

ビッグサイト内の自販機で飲み物を買って、A1クラブのブースに行きました。


11:30過ぎに会場を後にし東京駅へ。

XYLと合流して昼食。


XYLのリクエストで、竹橋駅から科学技術館へ。

駅から科学技術館までの道は陽を遮るものがなく、

また道路からの照り返しも強くて倒れそうになりました。

(帰りは東京駅までタクシーを使いました)


東京~名古屋の岐路は、こだまのグリーン利用で、(しかも名古屋止まり)

ビールを飲みながら快適に過ごせました。


ホテル内外でのV/Uの運用に課題は残りましたが、

今年も3日間楽しむことができました。

2010年8月25日 (水)

2010ハムフェア(2)

汗を流し一息ついた後、夕食のために外出しました。

昨年までの台場・有明と異なり、

駅前にはスーパーもあって、生活感溢れる印象を受けました。


「汗をかいた後はビールでしょう」という訳で、

居酒屋で生ビールを堪能しました。


ホテルへ帰る途中、周辺で7MHzを運用できる場所をリサーチ。

予めマークしておいた線路脇の公園へ行ってみました。


土曜の朝は、大井町での乗り換え距離が随分長くなっていたのに驚きながら、

6時半過ぎに国際展示場前に到着。

駅前のコンビニで朝食を買った後、いつもの場所で店開き。


Ant

ダイポールのエレメントが細くて目視し難いですね。

Oam1

段ボールのFT-817スタンドとパドル台は新調しました


会場内ではA1クラブブースの店番をしていました。

Booth


16:30頃各局より一足先に会場を出て、

徒歩移動セットをホテルに置いてから秋葉原の混信会場へ。


韓国とシンガポールからの参加者も含め総勢34名。

昨年はフランスや香港からの参加者もおられましたね。

Syuugou 

これは2エリアから来た酔っ払い

Drunker

2010年8月24日 (火)

2010ハムフェア(1)

事後処理がなかなか進みませんが、

忘れないうちに振り返っておきましょう。


20日は、一旦上野駅のコインロッカーに荷物を預けて下北沢へ。

途中の電車内からスカイツリーを眺めることができました。

(途中停車した駅のホームへ降りて、写真撮影をしていた人がいました)


下北沢では一寸変わった看板を発見。

Yoshinoya

関東では、吉野家のそばが当たり前なのでしょうか?


午後からは東京メトロで上野へ戻りました。

Sinobazu

昨年は歩けなかった不忍池エリアを散策しました。

Fuku

TVで見たことのある碑も沢山ありました。



ラブホ街を通り抜けて(笑)こちらへも行きました。

Iwasaki

贅を尽くした重厚な建物でした。


この前を通ってJR上野駅へ戻り、ホテルのある大森を目指しました。

Saigoudon

ホテルは大森貝塚碑(大田区側)のすぐ横でした。

歩道にはこんなものが。

Dinasau

部屋は5階(ホテルは6階建て)でしたが、北側の窓の前は隣のビルの壁面!

辛うじて北西は見通しだけ利くというロケーションで、

部屋からの144/430MHzの運用は低調に終わりました。

2010年8月21日 (土)

GM

寝坊せずに無事起きられました。

これから支度をして、ビッグサイトへ向かいます。

2010年8月20日 (金)

到着

ホテルに到着しました。

キーを受け取ったら6階建ての建物の5階だったので、

まずまずかなと思い入室し、窓のカーテンを開けると

目の前には隣のビルの壁!!


何とか南東方向はビルの陰になって視界が開けています。


144の垂直D.P.と430のヘンテナを設置しました。

144はSSBとFMのラグチュー(?)が聞こえました。

430MHzは何も聞こえません。


遅いながらも一応NETに繋がるので、

夜になったらA1クラスタに書きこんでから出ます。

2010年8月19日 (木)

週末の予定

明日は朝早く名古屋を出て上京します。


下北沢の(XYLの仕事関連)会社のオフィスへ寄った後、

上野界隈で「観光客」になる予定です。


大森のホテルは初めて泊まるので、

電波を飛ばせる環境かどうかは不明です。

まあ、部屋からでも全く交信できないということはまずないでしょう。


土曜の朝は、7時からビッグサイト前で、A1クラブのOAMのキー局をします。

いつもの7.025MHzが終わった後、144.080MHzと430.080MHzにも出ます。

2mのMoxsonアンテナは、完成させる時間がありませんでした


日曜の朝は、ホテル周辺で運用できるところが見つかれば、

ビッグサイトへ行く前に1時間ほど7MHzで運用しようと思います。

2010年8月18日 (水)

軽量D.P.

今週末東京へ持って行くアンテナとして、

釣竿で給電部を持ち上げる軽量ダイポールの調整を近くの公園でしてきました。

Dpant

アンテナエレメントは、0.18×12芯のインターフォンコードで、

給電部はバランをフィルムケースに入れてあります。

軽量とはいっても、かなり竿がしなっていますね。

この状態で共振周波数の調整開始。

1回カットしただけでそこそ使える(と思われる)状態になりました。

Swr

7.0105MHzでCQを出して数局とQSOできました。

(コールサインの変わったホレ熊さんからも呼ばれました)


それにしても暑すぎます。

時計の液晶は熱のため表示が真っ黒になり、

FT-817も、(名古屋弁で)チンチコチンになったためCL。


給電部を吊り下げる形から、竿の途中に固定するようにしてみました。

Dpant2

画像では良く見えませんが、

上から3本目の竿に固定(約4m高)が、しなり具合と高さの妥協点のようです。

2010年8月17日 (火)

予期不能の日

数B(数学的帰納法)のネタです。


遠距離恋愛中のA君へ、日曜の夜に彼女からのメールが届きました。


明日から一週間以内にそちらへ会いに行くよ!」 

でも行くのは、あなたが絶対に予期できない日だからね♡♡


A君は考えました。


もし、最後の日曜日に来るとすると、

土曜の夜に来なかった時点で、会いに来るのは日曜と予期できてしまう。

だから日曜日ではないな。


しかし日曜でないとすると、金曜に来なかった時点で土曜に来ることが予期できてしまうから土曜でもなくなり、

これと同じ考え方をしていくと、次々と来る日でないことが推論されてしまう。


結局月曜も来る日でないことになり、

な~んだ、今週は会いに来ないんだ!」とがっかりしました。


ところが彼女は、月曜日の朝に会いに来ました。


」と思っているA君に対して、

彼女は、「ほら、予期できなかったでしょう!♡」と言いました。

----------------------------------------------------

元々は「予期できぬ死刑執行日」という、後方帰納法のパラドックスですが、

突然死刑執行されるよりは、彼女が会いに来るほうがよいと考えてアレンジしています。


自分自身、高校生の時は「どこかインチキ臭い」と思っていた「数学的帰納法」。

今年の生徒に上手く伝わるでしょうか?

2010年8月16日 (月)

A rubberneck in Tokyo

諸事情から朝早い新幹線に乗車することになりました。

金曜の9時前に東京駅に着きます。


金曜は sightseeners になって行動します。

「はやぶさ」の特別展示が前日までなのは大変残念!


当初は昨年回り切れなかった上野へ行こうと考えていましたが、

久しぶりに武蔵野方面へ行くのも良いかなと思っています。


ちなみに、今年は大森駅前で宿泊です。

2010年8月14日 (土)

KCJコンテスト

先週の土日はF.D.、来週の土日はハムフェアと週末に休みを取るため、

今週はずっと、そのしわ寄せ分の業務(授業)をこなしています。


今晩21時からはKCJコンテストが始まりますが、本日の終業は22時。

帰宅した後、Rigの前に座る元気が残っているのか微妙なところです。


KCJといえば、

10数年前に、深夜の21MHzでEuから続々と呼ばれたことがありました。

(その勢いで入賞までしてしまいました)

2010年8月11日 (水)

5割増し

FDのログ&サマリーを提出しました。

局数はこれまでPでエントリーしたときの最高値(400局)の5割増しでした。


3.5/7MHzのダイポールのマストは、2.5mの2本繋ぎから3本繋ぎと

こちらも5割増しでした。

Fd_030

ところで、HF帯では固定局が多かったですね。

(私も昨年は固定からの参加でした)


V/Uの八木を上げるのであれば、もう少し長いマストが欲しいです。

7~8mで30k円くらいでしたか。

結構重いので、いざ使うとなると大変ですが・・・

2010年8月10日 (火)

フィールドデーコンテスト 2010 (その2)

Fd_012  

七輪の火で花火の着火が容易だったこともあり、

一昨年の残りの花火の処分大会となりました。


21時からはV/Uでスタート。

22時頃から3.5MHzに移るのもいつものパターンです。


今年は50W(M)でエントリーしているので、SSBで呼んでみました。

2/3位の確率で応答がありました。

ただコンテスト周波数でも、ラグチューと半々位であまり局数は伸びません。


CWへ降りて上から下まで一通り呼びまわった後、

隙間の周波数でランニング開始。


1時20分過ぎに180QSOを超えたところで一旦CLしました。


翌朝はタープの屋根に当たる雨音で目が覚めました。

時刻はまだ5時前!


慌てて起きるほどの雨脚ではなく、しばらくうとうとしていました。

しばらくして、車で寝ていた会長が昨夜のBBQ&花火の片付けを始めたのに気づき、

私も起きることにしました。

東の空の朝焼けが綺麗でした。

Asayake

写真を撮った頃はかなり色が薄くなっていました

Tenpasa

運用再開は5時。雨上がりのため、湿度が高いです。


6:30から7MHzへQSY。

徐々に近距離が開けてきました。


9時前に14MHzを覗いてみると、

6・7・8エリア以外に1・3・4・9も開いていました。


14MHzに時間をかけ過ぎて出遅れた7MHzは、

差し入れのアイスを食べながらランニング。

Ice

終了30分前くらいから雨が落ちてきました。

徐々に風が強くなりましたが、タープの側面を閉めることができたため雨が降り込むことがなく、運用を続けられました。


しかし残り5分になったとき、タープが風圧に耐えられず側面のシートがテーブルまで飛んできました。

途中だった交信を何とか終わらせてから「CL」を打電し、修復の手伝いに走りました。


その後、撤収途中に豪雨となりタープ内で待機。

そのタープが撤収中に風で飛ばされるアクシデントもありましたが、

17時には撤収作業を完了し、現地を後にしました。


アンテナやケーブルなどの機材は泥まみれとなり、

後始末はかなり手間がかかりました。


オペレーター2名+サポート1名の参加になりましたが、

今年もクラブ対抗へエントリーできそうです。


交信頂いた各局、そして色々お世話になった会長に、

改めてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

2010年8月 9日 (月)

フィールドデーコンテスト 2010(その1)

予定通り7日の13時過ぎから設営を開始しました。

クラブの会長が、側面をファスナーで開閉してメッシュとシートに変えられるタイプのタープを借り出して来てくれました。

(これが後で大きく影響しました)


時折強く日が射す中まずタープの設営。

機材をタープ内に運んでからアンテナの組み立てを始めました。

まず、一番大きい50MHzの6エレから。

タイヤベースを使って立てた後、ステーを張りました。

144と430MHzの八木は工具不要で組みあがりました。

ここで問題発生。


144/430MHzの八木を固定する水平ブームが見当たりません。

どうやら家に忘れてきたようです。


残りのアンテナを立て終わっった後、

ガソリンを買いに行くついでに取りにもどることになりました。

5分ほどで取りに帰ることのできる近場でよかった!


従来2.5mのポールを2本繋いで上げていた3.5/7MHzのダイポールを、

今年はポールを1本増やして上げる事にしました。


滑車をつけただけのポールは難なく立ちました。


最後まで何を使うか迷っていた14/21/28MHzのアンテナは、

昨年使う予定で作った3バンドダイポールを3.5/7MHzの給電部の下に固定してみました。


このアンテナは、昨年使う予定で作成したままで全く未調整。

アナライザで測定すると、3バンドとも1MHz近く高い周波数に共振していました。

ビニル線を追加して、最低点ではSWR≒1.1になり、

それぞれ使用可能な状態になりました。


ケーブルをタープに引き込んだ後、

自宅→スーパー→ガソリンスタンドの順に近場を回りました。

Ant

無線機やPCをセットした直後のタープ内は意外にも30度を切っていました。

Tempsetting

テストを兼ねて7MHzのRTTYでCQを出したのは18時半。

会長は七輪で炭火を起こしました。

その後144MHzで、神奈川県や高知県の移動局とQSO。

何とか電波は出ているようでした。


19時過ぎから、ささやかな夕餉。

ビールも焼肉も美味でした。


しかし・・・・・予定していた□□□はおろか、

3.5MHzのRTTYにも出ることができませんでした。


その理由は、




Hanabi

(その2)に続く

2010年8月 6日 (金)

終了!

本日の業務が終了しました。(昨日今日は7耐!)


FDの準備は明日の午前中になりますね、

近場にして正解のようです。


今年はコンテスト前に、□□□に出てみようかと考えています。

それができない場合は、3.5や7MHzのRTTYに出ます。


50や144MHzのRTTYもできますが、

SKDを組むか、クラスタや掲示板に書き込まないと

相手がいないでしょうね。


まずは家に帰らないと・・・

2010年8月 4日 (水)

新兵器

東京まで徒歩移動セットを持っていく場合、

無線なしで観光するときは機材をコインロッカーへ入れることになります。

このとき、1m強の長さの釣竿の入る大きさのロッカーがなかったり、

空いていなかったりします。

已む無く、釣竿だけを手に持って歩いたこともあります。

今回全長は同じでも、仕舞寸法が57cmと短い釣竿を入手しました。

Sao_002

キャリングケースに刺さっているのが従来の釣竿で、その左側が新しい竿です。

これなら、キャリングケースの入るコインロッカーへ竿も入ります。


実際にVCHアンテナを立てるには、太さなどのチェックが必要でしょう。

2010年8月 2日 (月)

靴箱

QSL受領マークをHamlogへ入力中です。

新市祭りとWAKU特需以外にも、東海QSOとALL JAの分があって、かなりの量です。

1エリアだけでも厚さが13cmくらいあります。(汗)


今回の靴箱は、いつものサイズ(右側)より一回り大きかったです。

Hako


Hako2_2

表面にJARLのロゴとビューローの電話番号が印刷されていた箱も初めてです。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

最近のトラックバック