2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 備忘録 | トップページ | 土日の結果 »

2010年10月16日 (土)

0とO

分かりにくいタイトルですが、各局からコメントをいただいた、

「CWで数字の0を打つのにアルファベットのOを使うか否か」についてです。


「ゼロをオーで代用するのは不可」と仰るOM諸氏は多いです。


現在中学校では、電話番号などで0を読むとき【ou】と読むように指導されています。


手元にあった研究社の英和辞典でzeroを調べてみると[読み方]の項目には、

(1) 0の読み方は(米)ではzero,O[ou],ought,

   (英)ではzero,nought,ni,nothingが用いられる。

(2) 電話番号の0の読み方はO[ou]が一般的

以下省略


となっています。


日本だけではなく、海外でも「007」は「zero zero seven」か?「double ou seven」か?

なんて議論があります。

http://debrief.commanderbond.net/index.php?showtopic=19685


Phoneでは「Five nine ou three」とコンテストナンバーを送ってくるアメリカの局も多いです。


私は、【ou】と読むことはあっても「O」とは書かないので、

文字を送る電信でOと打つのはいけないのかと思っていました。


冗長な感じがしない訳ではありません。

特にACAGの区の番号はただでさえ長いですから余計長く感じられます。

(それなら、OでなくTかなという気もしますが・・・)


JCC/JCG移動の599BKでは、長点5つの局より3つの局の方が多い気がします。

« 備忘録 | トップページ | 土日の結果 »

コメント

10年ほど前に、複数の外国人(国籍は SM, PA, LA, OZ, DL, G, EA, F, HA, SP, VU etc)に「数字の0」を見せて、「何と読むか」と聞いたことがあります。「zero」、「null」、「noll」など色々と出ましたが、全員が一致した結論は、「ou と読めば最も間違いが少ない」というものでした。

無線の phone では、W の局はコンテストの際、「five nine ou three (5903)」と言う局の方が多数派だという印象を持っています。cw で「数字の0(ゼロ)」を「アルファベットの O(オー)」と打つことについては議論がありますが、最近では W の局も「T」ではなく、「O(オー)」で略す局も増えつつあるような気がしますがいかがでしょうか。

いつもお世話になります。

O(オー)と打つことは、主流に成りつつある様に感じますね。

サクサクっと捌いてる局には、Tを送ったりしますが、
ほとんどはO(オー)ですんなり通ります。

ただ、国内とUSA相手で感じるだけで、他は解りませんが。

皆さん、コメントありがとうございます。

国内QSOでは[zero]を使っていた私が最近は「ou」を使っているのは、
各局がどんな応対(反応)をされるのか、
自分自身の使い心地はどうなのか、
などを実践で試そうと考えたからです。

ACAGでは、
30WPM位の高速局からナンバーを2度聞き直されました。
この局はナンバーを[ou]を使ってで送ってこられました。
高速で長点5個は分かり難いのかな?と思いました。

ナンバーを送ると分かっている状況であれば
ANO を使うのは構わないと思いますが,
ただしいナンバーを送って逆にとれないというのも
どうかなとは思いますね.hi

ところで前から気になっていたのですが,
ここ音楽なりますよね?訪問する前に mute するように
しているのですが,うっかり忘れてびびったりします.
デフォルトオフで,聞きたい人だけ手動でオンとか
出来ないでしょうか?

って,そう思ってるの私だけ?

>うっかり忘れてびびったりします

UNIQLOCKの音ですね。
私の使うPCはいつもミュートがかかっているので
全く気にしていませんでした。SRI!

とりあえずデフォルトの設定をOFFしました。
画像をクリックすると音付き大画面になります。

対応ありがとうございます.これから気楽に
安心して見に来れます.hi

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 備忘録 | トップページ | 土日の結果 »

最近のトラックバック