2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

作業開始

台風は足早に南の海上を通過していきました。

当地は風雨とも大したことはなく、10時には雨も止みました。

しかし、これから関東に上陸の可能性もあるとのことです。

これからの進路にあたる地域は勿論、

当地も吹き戻しに注意が必要ですね。


さて、先月末届いたQSLカードの受領処理が、

ようやく収納作業に入りました。

1030

1エリアの50MHzまで来ました。

バンドタブの紙が相当ヨレヨレになっています。(汗)

2010年10月29日 (金)

備えあれば

明日には大型台風接近の可能性ありとのことで、

備えあればうれしいな


いや、備えあればうれいなし

という訳で、タワーをクランクダウンしてきました。


低いタワーですが手動ウインチのため、

雨が振っているとクランクダウンが容易でなくなります。


大雨には要注意とは言われても、

強風については外海で警戒が必要としか報じられていません。


予報どおり何もなく、杞憂で終わればよいのですが・・・


奄美の皆様に再び被害が出ないよう願っています。

2010年10月27日 (水)

読書週間

10mark

http://www.dokusyo.or.jp/jigyo/dokusyo/top.htm

10pos

       読書習慣も大切だと思います。

2010年10月25日 (月)

安城市移動

日曜日聞きに行ったのはこの方の講演会でした。

http://sports.nifty.com/ototake/

10時半頃まで東京CWに出てから支度を始めて、昼前に家を出ました。

講演前に会場近くの安城公園で店開き。

池の中に小さな島(?)がありました。

1024_001

VCHアンテナの釣竿を固定してあるのは橋の欄干です。

運用開始した直後から雲行きが怪しくなり、

しばらくすると細かい雫が落ち始めました。

機材が濡れる前に写真撮影をした後撤収し、講演会場に向かいました。

1024_002

実は支度中に、コイルにタップをとるICクリップが断線して脱落しているのを発見し、急いで半田付けするという一幕があり、

更に現地では、垂直エレメントを固定する釣竿の先端のクリップが無くなっているのに気づきました。

ある程度のトラブルには対応できるように、

いくつかの補修パーツをバッグに入れていたため、

今回は何とかオンエアできました。


やはり、機材の点検・メンテナンスは大切ですね。

2010年10月23日 (土)

電信電話記念日

職場のカレンダーにも

23日 霜降 電信電話記念日

と書かれていました。


「霜降」は「霜降り肉の日」ではないと、今朝のラジオで言っていました。


電信電話日記念コンテストが今晩開催されます。

24時までなので、帰宅後少しくらいは出られると思います。


明日は午後から、ある方の講演会を聞くためにJCC2013へ行きます。

東京CWコンテストを早めに切り上げて家を出れば、

講演会の前(13:00~14:00位)に少し電波を出せそうです。


IC706+Whip or シングルワイヤー+A.T.U. か、FT817+VCH かは、

初めて行く所のため、現地に行ってみないと分かりません。

2010年10月22日 (金)

復旧

HPを半年ぶりに更新しました。


移動運用の日誌をHPからBlogへ移して以降、

集計モノの更新しかしていませんでした。


しかも、集計結果をHPに反映するのに2週間もかかってしまいました。

2010年10月21日 (木)

いつまで咲くのか?

10月も下旬になりましたが、まだ咲いています。

1021_003

1021_001

随分涼しくなりました。

いったいいつまで咲くのでしょうか?

2010年10月19日 (火)

集計モノ

HP作成に使っていたPCが夏にクラッシュして、

処理ソフトの復旧に手間取っていました。

10月6日までの集計結果がやっと出ました。

20100

月ごとのデータは

2010

1・3月は主に、みよし市&あま市の新市祭りの結果です。

6&D位しかなかった7月はローバンドが極端に減りました。

9月はXPOもAIも7MHzシングルでエントリーしたため、

これまた極端な結果になりました。


何とか1日1交信は継続中です。

2010年10月18日 (月)

土日の結果

土曜の朝は6:30前に起きて、1.9と3.5MHzでJAG TESTのCQを出してみました。

結果は・・・・空振りの山

7MHzで始まっていたA1CのOAMは、キー局は539~559位で聞こえるものの、

「599 FB SIGS」というレポートを送る各局には勝てそうもないと判断し、

キー局の入感状況を時々チェックしながら、

7.012MHz付近でJAGのCQを出していました。


599で聞こえ始めてからチェックイン完了。

毎週土曜の朝に行っている食品スーパーへの買い出しから戻った後は、

朝刊を読みながら7MHzでJAG TESTの続きを。


参加不可と思っていた岡山コンテストは、開催時間を間違えていて

数局だけ援助交信ができました。


日曜の朝はゆっくり起きて、

各局のCQが空振りし始めていた鳥取TESTの呼び周りを少ししました。

A1Cの和文OAMは、呼ぼうと思っていた所へ電話が入ったり、

家族からBKが入ったりしてなかなかできませんでした。

9時すぎにやっと交信できたと思ったら、リレーの後が続かず。

実質的には最終ランナーでした。


10時過ぎからは平針まで所用で外出。

ところが1つ目の店には「10月末まで休業」の張り紙。

「何があったのかな」とXYLと話しながら、

他の2個所で用事を済ませてました。


帰宅し昼食を済ませたら、Docomo 6m TESTは終わっていました。

夕方まで断続的にオール千葉とJAG。

SSBは7.100MHzより下も結構空いていました。


土日のコンテストはすべての交信は、

PeditionモードにしたzLogの1つのファイルに入れました。

今日、余分なデータを削除してそれぞれのzloファイルに変換しました。

一寸面倒ですが、Dupeチェックとマルチ計算のことを考えると、

紙ログよりBetterかと思いました。

2010年10月16日 (土)

0とO

分かりにくいタイトルですが、各局からコメントをいただいた、

「CWで数字の0を打つのにアルファベットのOを使うか否か」についてです。


「ゼロをオーで代用するのは不可」と仰るOM諸氏は多いです。


現在中学校では、電話番号などで0を読むとき【ou】と読むように指導されています。


手元にあった研究社の英和辞典でzeroを調べてみると[読み方]の項目には、

(1) 0の読み方は(米)ではzero,O[ou],ought,

   (英)ではzero,nought,ni,nothingが用いられる。

(2) 電話番号の0の読み方はO[ou]が一般的

以下省略


となっています。


日本だけではなく、海外でも「007」は「zero zero seven」か?「double ou seven」か?

なんて議論があります。

http://debrief.commanderbond.net/index.php?showtopic=19685


Phoneでは「Five nine ou three」とコンテストナンバーを送ってくるアメリカの局も多いです。


私は、【ou】と読むことはあっても「O」とは書かないので、

文字を送る電信でOと打つのはいけないのかと思っていました。


冗長な感じがしない訳ではありません。

特にACAGの区の番号はただでさえ長いですから余計長く感じられます。

(それなら、OでなくTかなという気もしますが・・・)


JCC/JCG移動の599BKでは、長点5つの局より3つの局の方が多い気がします。

2010年10月15日 (金)

備忘録

明日・明後日開催されるコンテスト


10/16 06:00~17 21:00  JAG QSO PTY&TEST

10/17 05:00~12:00  鳥取

10/17 10:00~14:00  ドコモ東海6m

10/17 12:00~18:00  千葉


他には岡山コンテストもありますが、

開催時間が私の出勤時間中なので割愛しました。(笑)

先週は、ほぼ終日ACAGをやっていたので、

家族とのマッチングを考慮すると

今週末はどれだけ出られるか分かりません。

はやぶさ

名古屋市科学館で行われている特別展示を見てきました。

Hayabusa_008

昨日の様子を聞いてみると、


9時の配布開始時には400~500人の行列ができた。

10時過ぎに行けば行列がなく、すぐ見られる。

整理券は1日8000枚とのことだが、15時過ぎでもまだ残っていた。

などなど。


遅めに行くと待ち時間がないのは魅力的ですが、

出勤時刻のことを考えると、多少並んでも早い時間帯に行くしかありません。


伏見から歩いて8:50頃現地到着。

科学館前から南に列ができていたので、

1駅前の大須観音から行ったほうが近かったです。


何とか9時半からの整理券を入手しました。

Hayabusa_004

続いて科学館へ入る行列に並んでいると、

9:20頃、整理券配布の行列はなくなってしまいました。

Hayabusa_007

「最後尾」の看板も配布所に戻ってきました。


実際に展示物を見られたのはほんの数分でした。

(会場内は撮影禁止)


1日限定80個という模型を買いました。

Hayabusa_009

昨日は午後でも買えたそうです。(謎)


白川公園を南に縦断して大須アメ横まで行き、

ビューローに送るQSLカードを無線機屋さんに託して帰りました。


とりあえず、無事出勤できました。

2010年10月14日 (木)

ブラタモリ

新しいシリーズが始まっています。

再開第1回の先週は「築地」でした。


コールサインの貼ってあったお宅(旅館)訪問の場面がありました。

JA1の2文字コールだったので、「これは古いよ」との解説も。

以前の秋葉原のとき以上に、無線家にとっては興味深い話が展開されました。


後で調べたら、この方とは交信したことがあり

「中央区築地」のカードもありました。


今日は「丸の内」です。

番組開始の22時には帰宅できないので、

録画のセットをしてきました。

2010年10月13日 (水)

第31回 全市全郡コンテスト (メモ)

コンテスト中にあったこと、次回への課題など

① SO2Rのマネゴトをしてみました

今年は3.5や7MHzでCQを出していて、

Condxは悪くない(他の周波数では沢山聞こえる)、QRMはない、

でもなかなか呼ばれないということが結構ありました。

今回は、Rig&AntだけでなくLogもHFとV/Uで完全に独立させていたので、

3.5/7MHzのCWでCQを出しながらV/Uを聞いて、

CWのCQが空振りしている間にV/UでQSOしてみました。

幸い(?)V/Uで交信中HFで呼ばれることはありませんでした。

② 2mFMでリストQSOに巻き込まれました

V/Uで使っているIC-706MKⅡGMは、バンド・モード切り替えが素早くできないため、

メモリーに、50.060 CW,50.260 SSB,144.060 CW,144.260 SSB,・・・・と各バンド・モードを入れて、

メモリーチャンネルのUP/DOWNでバンド・モードを切り替え、その後はメインダイアルでバンド内を動くという形態にしています。

144/430MHzではFMのメインチャンネルでコンテストのCQを出す局があるため、

この中に145.00 FMと433.00 FMも入れています。

今回、メモリチャンネルを回していた時、ちょうど145MHzで某記念局のCQが聞こえました。

指定された周波数で聞こえたCQを呼ぶと・・・・・

「JH2CMHともう1局ありましたね、JH2CMH局は待機願います。もう1局の方、再度コール願います」とのアナウンス。

そして、「J△2・・・・コピーしました。他におられますか?」

どうやら、リストQSOをしようとしているようでした。

実際は他に誰も呼ばなかったため、その直後当局との交信が始まりましたが、

もし、次々と呼ぶ局がいてリストを取り続けていたら恐らく他のバンドへ移ったでしょうね。

まあ、「郷に入っては郷に従え」とも言います。

2mのFMですから仕方ないでしょうか?

でもJARL特別記念局なら、然るべき方法で運用して欲しいものです。

③ すべて「ゼロ」は「ゼロ」を送信しました。

意味不明のようですが、「5992032M」の「0」を「オー」でなく、「ゼロ」を送ったということです。

以前は国内コンテストに限り「オー」を送っていましたが、

最近はコンテスト以外にJCC/JCGナンバーでも「ゼロ」を送っています。

ただでさえ長いACAGのコンテストナンバーが余計長く感じられたかも知れません。

「T」の方がよかったかも・・・

2010年10月12日 (火)

The Nobel Prize

化学賞・平和賞の受賞に関するニュースが新聞各紙を賑わせていました。


ここでは、その前に発表になった物理学賞について・・・


今年の物理学賞は、グラフェン開発の功積が認められ、

イギリスの2人の大学教授が受賞しました。


グラフェンといえば、この中学校↓の昨年の入試問題で取り上げられていました。

http://www.kaiyo.ac.jp/phpapp/top/ent_pasttest.phtml

(2009年入試Ⅰの記述試験問題)


原子構造のモデルを題材にした算数の問題でしたが、

円筒にするとカーボンナノチューブができることにまで言及しているのには驚きました。


問題を解くためには、グラフェンもナノチューブも関係なく、

空間図形の問題として考えればよいとはいえ、

説明文が長くて模型のイメージがつかみ難い問題です。


グラフェンについては、今日の日経新聞にも載っていて、この問題同様のことも書いてありました。

2010年10月11日 (月)

第31回 全市全郡コンテスト (参加記)

土曜は雨の中、余裕を持って帰ることができました。

Acag_002

                        机の下が汚いですね(汗)

今回初めてzLogを2台のPCで使いました。


デスクトップPCは、USB I/FをIC-775に繋いで3.5~28MHz

ノートPCは、LPT簡易I/FとオーディオI/FをIC-706MKⅡGMに繋いで50~430MHz

IC-756Mは7.1MHzのSSB用で、PCは繋がっていません。


準備万端のはずなのですが、いざ始まってみるとイマイチ気乗りがしません。

それは翌朝起きた時刻にはっきりと現れていました。


翌朝の最初の交信時刻を調べてみると、

2007 05:07

2008 05:10

2009 04:17

2009はこれまでのPからMへエントリーを変更したため、

「どこまでできるか」と気合が入っていたようです。

Mで参加した2年目の今年は、何と 06:10!


夏からの疲れが蓄積していたこともありますが、

6時まで目が覚めないのはコンテスト中の朝としては異例です。

やはり、Pの緊張感が好みに合っているのかも知れません。


7MHzのSSBは、ALL JA、F.Dと比べて相当混んでいました。

SSBのコンテスト周波数帯拡張後「空いている」という情報が広まり、

私のように「それなら」と出る方が増えたのかもしれません。

しかし、7.1MHzの上としたではかなり密度に差がありました。

拡張未対応のIC-775(今回は100W設定)では、

ダラダラパイルに全く歯が立ちませんでした。


ところが、IC-756M(50W弱)で出た7.1MHzより上では、

パイルになることが少なく、高打率で応答がありました。

Acag_005

     食事のときは勿論CW!


HFハイバンドは、ぱっとしないCondxでした。

16時前から弱いスキャッタが発生し、1・3・4・0エリアが弱いながら聞こえました。

OPに余裕のあるマルチオペ局以外はほとんど出ていなくて、局数は伸びませんでした。


昨年と比べた交信局数は、

3.5MHz △20,7MHz △53,14MHz ▼61,21MHz ▼5,28MHz ±0,

50MHz ▼25,144MHz △3,430MHz ±0


合計得点は1割ほどマイナスになりました。


ちなみに、「2039 あま市」は1局もできませんでした。(笑)

2010年10月 9日 (土)

巣立ちました

昨夜からの雨が本降りになりました。

全市全郡に移動して参加予定の方は大変と思います。

事故等のないことを願っています。


さて、今朝朝刊を取りに行こうと玄関のドアを開けると、

ヤマモモにあるキジ鳩の巣が空になっていました。


すぐ前の電線には親鳥と思われる1羽の鳩がいました。

あたりを見回すと、アンテナの上に子鳩らしい姿が見えました。


アンテナにとまる鳥はあまり歓迎できませんが、

まあ今日だけは大目に見ることにしましょう。


それにしても改めて5日前の写真を見ると、

その急成長ぶりに驚かざるを得ません。

2010年10月 8日 (金)

第31回 全市全郡コンテスト (準備)

明日はコンテスト開始時刻前になんとか帰れそうですが、

朝から用事が重なっていて準備をする時間がとれそうにありません。


そこで昨日から準備を始めました。


全市全郡はALL JAやF.D.と違い、

市郡区番号がコンテストナンバーのため、

毎年新しいナンバーが誕生します。

zLogを使う当局の場合、Dataファイルの内容に注意しないと

無効なナンバーとなってしまいzLogが受け付けてくれません。

(そんなときはSHIFT+Enterでの強制入力が強い味方になります)


zLogのサポート掲示板で今年のACAG DATAが公開されたことを知り、早速ダウンロードしました。


今年誕生した県内の新市でテストしてみると、

2038は受付られましたが、2039はinvalid Numberになってしまいました。

マルチ一覧で見ると2039だけ表示が変です。


DATAファイルの内容を調べてみると、

番号と市名の間にスペースが1つ多く入っているようで、

それを削除して上書きしたら、

2039も受け付けられるようになりました。


これってウチの環境だけでしょうか?


PCの配置換えと3.5MHzのアンテナの仮設はこれからです。

間に合うかなあ・・・

2010年10月 7日 (木)

巣立ち間近?

急成長しています。

107_003

2010年10月 6日 (水)

今度はジオラマ?

以前、「カチカチと音のする不審物」が電車を停めたことがありました。


昨日の昼前のニュースで、

「電線の出ている不審なアタッシュケース2個が見つかり、爆発物処理班が出動」

との報道がありました。

場所は名古屋市中区栄2丁目。

そのエリアを封鎖した物々しい映像が流れました。


午後になって、中身は鉄道模型のジオラマだったことが分かりました。

出ていた電線は、電源へ接続するコードだったとか。

夜になって持ち主も現れたそうです。


私の徒歩移動セットも公園のベンチに放置してあると、

「筒状のものが差してある不審物」

と通報されて同じようなことになるかも知れません。

2008090709

気をつけないといけませんね。

2010年10月 5日 (火)

大きくなりました

Sanpo_001

巣に親鳥が入るスペースはなくなりました。

餌をやりに訪れているようですが、

時々すぐ目の前にいて、びっくりさせられます。

914_006   

2010年10月 4日 (月)

出しました

提出期限までは多少余裕のあった

「XPO」と「AI」のログを出しました。


今週末はACAGですから、「うっかり」の危険があります。

(自分の粗忽さを認識し、予め対策を講じられるのは、年の功かな)


JLRSとC3の処理は、ACAGの後です。

2010年10月 3日 (日)

秋の散歩

JLRS CWとC3、2つのコンテスト中でしたが、

平針へ行く用事もあったため、

運動不足解消を兼ねて散歩に行きました。

名古屋市農業センター → 平針というルートです。


農業センターの駐車場はほぼ満車でした。

「何かイベントをやっているのかな?」と思いながら中へ入ったベンチには、

Sanpo_005

月末には恒例のジャンボカボチャの展示があるようです。

この日はあちこちに置いてありました。

Sanpo_006

子ども対象の搾乳体験が行われていました。


その横には、こんなものが設置されていました。

Sanpo_008

実際に牛に施す前の練習用でしょうか?


これならいつでも搾乳体験ができそうです。


それにしても、このネーミングには笑わずにはいられませんでした。

2010年10月 2日 (土)

新着QSL

ビューローからカードが届きました。

普通サイズ(?)の靴箱でした。


今回、8N/Jの局からの分は少なかったですね。

201009

海外からもHAとDLから数枚のみ。

(DXは交信数自体少ないです)


コールサイン順にソートし始めましたが、

カード全体がタバコ臭いです。


仕分けした方がヘビースモーカーだったのかな?

2010年10月 1日 (金)

行事予定 追加

10/2~3 C3コンテスト

10/17 Asia Pacific Sprint Contest


他にもPhone、RTTY、PSKのコンテストがいくつかあります。

久々にRTTYに出てみようかな。

Thank you & Good-bye "JOGW-FM"

Radio-iで放送終了直前に流れたのは、

ABBAの "Thank you for the music" でした。


V/Uでの移動でお馴染みの瀬戸市三国山から5kWで送信していたのは知っていましたが、

最後のINFOで、豊橋では50W,浜松では100Wで送信していたのは初めて知りました。


79.5MHzのFMで50W!

少し驚きました。


最後の放送では、番組出演者もリスナーも皆、

大人のためのラジオ番組が無くなること

6ヶ国語を使った放送が大都市(?)の名古屋圏でなくなること

を寂しく思い、残念がっていました。



放送終了の0:00を過ぎても無変調の電波が出ていて、

完全に停波し、ノイズだけになったのは0:02でした。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

最近のトラックバック