2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« ログ検索開始 | トップページ | 交通整理 »

2011年6月 4日 (土)

LB<HB

今朝のA1クラブのOAMは、1.9MHzから24MHzまででした。

たまたま6時過ぎに目が覚めたので聞いてみました。


しかし、聞こえるのはノイズだけ!


1回だけ0エリアの局が聞こえましたが、

それ以外はキー局もそれを呼ぶ局も全く聞こえないうちに終ってしまいました。


続いて3.5MHz。

こちらは聞こえるだろうと思いましたが、

S1~3位で、ノイズレベルが高くとても呼べる状態ではありません。

終了間際に浮き上がってきたところでやっと交信成立しましたが、厳しかった!


7MHzの開始当初はパスして、10MHzから順に上のバンドを聞いてみました。

すると、18MHzでDLの局が聞こえます。

「DUやDSではなくDL?」と思ってダイヤルを回すと、

アメリカの局が「CQ JA/ASIA」を出しているのが聞こえました。

誰も呼ばないようなのでコールすると応答あり。

その次に聞こえたのは5Nの局のCQ。

「5Nってどこ?」とコールしながらHamlogへ入力すると、

「ナイジェリア」だそうです。


「ナイジェリア」ってアフリカのナイジェリア??

アフリカ以外にナイジェリアはないジェリア

多分18MHzでは1stAFです。


LZ20というプリフィックスのブルガリアの局とも交信できました。


V/Uでも届く所が聞こえなかったローバンドに対し、アフリカとQSOできた18MHz。

この辺りが無線の面白い所ですね。

« ログ検索開始 | トップページ | 交通整理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ログ検索開始 | トップページ | 交通整理 »

最近のトラックバック