2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月26日 (日)

教科書

SWL時代に購入し、

開局後も繰り返し読んだ「教科書」です。

Textbook

左の本の筆者である梶井OMは、

鶴舞のハムの祭典の時にエレベーターで一緒に乗り合わせて、

御姿を拝見したことがあります。

この本を愛読していることをお伝えすればよかったのですが、

「うわ~!」と感激・緊張してしまい、お声をかけることができませんでした。

右の本は既製品から標準仕様の自作機まで、

さまざまな回路図が載っている本です。

特にSSBの送信機の回路図は何度も眺め、

信号の流れを回路図上でなぞっていました。

Tx388s

Fl100b

自作の高1中2にプロダクト検波を追加してSSBが受信できるようになり、

次はSSBの送信機を自作するつもりでいました。

「懐古趣味だ」とか「ネタが古すぎて分からない」との声もあるようですが、

今しばらくお付き合い願います。

2014年1月21日 (火)

美しい無線機

これまで見た中で、一番美しいと感じた無線機はこれです。

5111

これより前のTS-500,TS510とは大きく異なり,

その後のTS-520,530等とも随分違います。

ステレオアンプのような外観です。

特にメインダイヤルとSメーターの照明がとても綺麗でした。

また、正面パネルの大きさに比べ奥行きが長いのも印象的でした。

そういえば、ローカル局から511X(10W)機のQROを依頼され、

その電源をいじっていた際、B電源(900V)に感電して、

部屋の隅まで飛ばされたのを思い出しました。

511xn1


これは当時に開発されて人気のあったノイズブランカ搭載機種

511XN/511DNです。


当時の小僧たちにとっては考えられない価格だったこちらも

美しい無線機でした。

5991

5994

ちなみに、これらのカタログの所有者は、

その後T-599&R-599を突然購入し、近隣の無線仲間を驚かせました。

2014年1月20日 (月)

憧れの59Dライン

Katalog20140120_00002

無線の手ほどきをしてくれた伯父の家にありました。

伯父と従兄の自作の無線機はどれも格好良く、憧れの的でした。

その中に、キットを完成させ並んでいたDラインは

一段と輝いて見えました。

Katalog20140120_00000

Katalog20140120_00001

9R59Dの価格\19,900は今でも覚えています。(笑)

当時は気づきませんでしたが、

U.S.A. BRANDとしてKENWOODのロゴが既に入っていますね。

昨年のハムの祭典で展示した、

知人所有のカタログを借りてきました。

懐かしい無線機が沢山あります。

2014年1月 7日 (火)

7398

タイトルの数字は先ほど集計した昨年の総交信数です。

2012年の8855と比べて15%以上減っていますが、

2012年は1/4に誕生した長久手市で何回も運用したために交信数が増えたと考えられます。

2011年は7418でしたから、運用する時間が減少した割には健闘したと言えそうです。

ちなみに、頻繁に移動運用を行っていた時期には1万局を超えていました。


昨年はコンテストなどで電話に多く出た印象があったものの、

CWでの交信は6651で、CW率は89.9%と標準レベル(笑)でした。

別段数を追いかけているのではなく、

終わった後で面白かったと思える交信や、

後々記憶に残る交信を1回でも数多く行いたいと常日頃考えています。

先日のNYPでは、約40年振り2度目の交信だった方や、

交信はできなかったものの、開局当時50MHzのAMで色々教えていただいた

JA2T□△局のお声を聞くことができました。

2014年1月 3日 (金)

2014 NYP移動運用

家を出た時は、時折雨粒が落ちてくる曇り空でした。

緑区から豊明市に入った辺りで雨は止み、

1時間弱で目的地の西尾市の八ツ面(やつおもて)山へ到着。

山道の路肩に停まっている車が多く、「?」と思いながら進むと、

「山頂駐車場は工事のため使用禁止」との案内板とともに、

そこから先への車両通行止めになっていました。

徒歩なら山頂まで上がれるため、駐車していたのはその為だったという訳でした。

仕方ないので第二候補地の矢作川堤防へ向かいました。

堤防の上に言ってみると強い風が吹いていて、

アンテナ機材を出しているときに雨も降ってきました。

寒さに震えながらダイポールの補助ポールは省略し、

何とかアンテナを立てて運用を開始しました。

004

この車両が危険な訳ではありません。(笑)

001

暫くすると雨は止み陽が射してきましたが、風は強いままで、

ダイポールのペグが抜けないか心配で、時々確認しました。

ロケーションは良好でした。向こう岸は碧南市です。

陽が陰ると寒くなりそうだったので、早めにCLして岐路に着きました。

お相手いただいた各局、ありがとうございました。

2014年1月 1日 (水)

A Written Oracle

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

当地は比較的暖かいお正月になりました。

例年通り初詣に行っておみくじをひきました。

昨年は22番で大吉でしたが、今年は11番で、

201420140101_00003

でした。

全体はこのようになっていました。

201420140101_00000

201420140101_00004

昨年末吉だったXYLも今年は大吉でした。

無線関連では、

滝沢村は未交信だった3.5MHzで交信に成功し、

滝沢市は3.5MHzだけWKDしました。

無線機の前に座る時間がほとんどない中、

上出来ではないかと自分では思っています。





« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近のトラックバック