2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 夜桜 | トップページ | 再会 »

2014年4月 6日 (日)

触ってきました TS-990

諸事情により遅れていた御開帳に行ってきました。

0406_001

電源投入前にアンテナの調整を手伝いました。

0406_003

アンテナはWARCバンドを除く 3.5~28MHzのマルチバンドダイポールでした。

強風の中、28MHzから順番にヒゲをカットしていって無事終了。

持参した706で数局交信し、電波が飛ぶことを確認しました。

その際、彼のGHDのパドルを借りました。

GHDのパドルは始めて使いましたが、

歯切れのよい使用感でした。

和歌山コンテストでQSYのリクエストがあり、

全バンドのテストができました。

そしていよいよ990にアンテナを繋ぎました。

0406_004

ところが内臓ATUが動作しません。

マニュアルで内臓ATUの使い方を確認しても間違いはありません。

繋ぐアンテナコネクタさえ間違わなければ、

ボタンを押すだけなのは我が家のIC756などと同じです。

「おかしいな」と思いながら表示をよく見ると

出力が5W、XVTRという表示が点いています。

この状態をマニュアルで調べてみると、

トランスバーターを使うときの設定だそうです。

「990用のトランスバーターなんてあったっけ?」と言いながら、

通常使用に戻す方法を調べるために、またマニュアルを開きました。

何とかその方法を発見した後は、

内臓ATUが普通に動作するようになりました。


一応運用可能な状態になったので、

PDFで配信されているマニュアルを読んでいた時気になった

SWLモードを試してみました。

0406_005

(ディスプレーの保護シートはまだ貼ったままです)

左隅の縦型のSメーターまで9R59と同じです。

0406_006

これは中波のAM放送を聞いている所です。

この表示のままで7MHzのCWも聞けました。

0406_007

9R59で7MHzを聞いているような気持ちになりました。

ところが、そこから元の表示に戻そうとしたところ

その方法がわからず、またまたマニュアルで調べることになりました。

ついでに見つけたのがこんな表示です。

0406_008

その後14MHzで聞こえたEUの局のRTTYの復調にも成功しました。

このあたりでお腹一杯。

続きはまた次回にして、友人宅を出ました。

彼は今頃マニュアルと格闘していると思います。

いつ電波が出せるでしょうか?(笑)

« 夜桜 | トップページ | 再会 »

コメント

是非、もう1台手元に置いて操作法を教えてあげてください。(^^)/

羨ましい!

多機能な上につまみやボタンが多く、
またマニュアルが300ページ近くありますので、
操作自体は単純なものでもその手順を見つけるのが大変でした。

FT-817のように、1つのつまみに沢山の機能を持たせるのとはまた違った難しさです。

車で5分位なのでいつでも行けますが、
頻繁に触っていると欲しくなりそうなので危険です。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜桜 | トップページ | 再会 »

最近のトラックバック