2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月29日 (月)

6月28日

昨日は、運よくハイバンドで近距離が開けている時間帯に遭遇しました。

前日から始まっていたJAGのWARCバンドQSOPTYは、

CQ10回に対して応答が1回あるかないかという状態でぱっとしませんでした。


21MHzと28MHzでALL JA8コンテストを呼ぶ1エリアの局が強く聞こえていたので、

599BK目当てのCQを出してみました。

21MHzでは、1だけでなく3や4の方からも沢山呼んでいただき、

最終的にはAJDが完成できました。


この日の交信数は、

7MHz 12,10MHz 4,18MHz 24,21MHz 47,24MHz 4,28MHz 46でした。

28MHzでこんなに交信できたのは初めてかもしれません。

QSOいただいた皆さん、ありがとうございました。

今週末は、A1CLUBの欧文OAMのキー局担当と、6mAND DOWN参戦の予定です。

V/Uの無線機が無事完走できるかどうかが気になります。(笑)

2020年6月27日 (土)

50周年

再免許申請が完了し、安心して開局50周年を迎えられそうです。

そこで、開局からの様々な出来事をまとめようと思っています。

 

開局以降の交信データのほとんどはHamlogに入っています。

まずは年間交信数を調べてみました。

20200627182908

開局後数年の年間交信数は500~1000局位で推移しています。

400ラインを入手して7MHzでJCCを追いかけていた時期や、

SSBで(!) 7MHzの移動 を多くしていた頃はその倍位になりました。


1985年から11年間は、住居が日進町の集合住宅の1階だったので、

アンテナが立てられず停波状態となりました。

今考えれば、移動運用のみでも無線はできたはずですが、

無線機・アンテナ・発電機など一切を準備する熱意はありませんでした。

そんな中、1994年の日進市の市制施行時には友人の別宅で束の間の復活を果たし、

そのアンテナを使っての再開を計画して無線機も発注しました。

ところがその途中で、アンテナ(V-D.P.)が強風に弱いことが露見して意気消沈。

無線機もキャンセルして復活計画は白紙に戻ってしまいました。

 

完全復活を果たしたのは、現住所に家とタワーを建てた1996年秋になりました。

移動運用も再開し、コンテストにも出るようになりました。

平成の大合の所謂「新市祭り」時期には1万2千局を超えた年もあります。


これは愛知県の新市移動第一弾(田原市)

007_20200627192201

車・PC・テーブル・照明など、殆どは退役しました。

IC-756Mだけが辛うじて現役です。(笑)

008

2010年を最後に1万局を超えた年はなく、年間6千局前後で推移して、

今年も半分が過ぎてやっと3千を超えたところです。


しばらくはこのような状況が続くと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

2020年6月23日 (火)

11枚目到着

再免許の免許状が届きました。

Photo_20200623150301  

電子申請を行ってから2週間半ほどかかりました。

そのほとんどは、免許状送付用封筒のやりとりに費やした時間でした。

免許状もNet上でダウンロードできるようになれば更に早くなるでしょうね。

 

ともあれ、以前は再免許申請用紙を購入していたものが、

申請用紙がダウンロードできるようになり、

今では電子申請Lightによって大変簡単になりました。

 

この免許は、現住所で再開した際に、

開局時の免許(10Wの移動局)を200Wの固定局に変更したもので、

無線機や指定事項の変更によるものを除き、これで11枚目になります。

 

今後の課題は、

新スプリアス規格確認をするのか、対応無線機に交換するかどうかです。

今回規格確認してもよかったのですが、

調子の良くないものが多く、「そろそろ寿命かな?」とも思うため、

あと2年間の様子を見て判断することにしました。

 

 

2020年6月22日 (月)

IC-705到着

私の所に届いたのなら嬉しいのですが、

残念ながらリグコレクターの友人の所に届いたそうです。

  Dsc_0012

報告方々、無線機と一緒に送られてきた煎餅を持ってきてくれました。

これは美味しくいただくとして、彼の家に近々行かねばなりません。

 

現物の画像と感想はその後お知らせします。

2020年6月12日 (金)

としまえんの思い出

としまえんが8月一杯で閉園するニュースがありました。

http://www.toshimaen.co.jp/news/18058/index.html


名古屋人の私にはあまり縁のない遊園地ですが、

 

大学1年の夏休みに、

高校卒業と同時に東京に転居した友人の案内で行ったことがあります。

目的は当時TV番組で見ていた「サイクロン」に乗ることでした。

 

HPを見たら、サイクロンってまだ現役なのですね!!

http://www.toshimaen.co.jp/atraction/ride/cyclone.html

 

折角来たのだからと、ローラースケート場で遊んだり、

イベントステージでは、丸山圭子のミニコンサートも聴きました。

私たちは好きなシンガーでしたが、まだメジャーではなかったためか、

コンサートの前にやっていた戦隊ショーが終わると親子連れが一気にいなくなり、

会場が急に閑散としてしまったのは衝撃的でした。

 

豊島区でなく練馬区にあることは、その随分後に聞きました。

「としまえん」の由来は地名ではなく人名なのだそうですね。

 

ちなみに一緒に行ったのは、以前このBlogでも紹介した友人で、

高校2年の数か月間だけお空に出ていました。

 

一時期、アメリカで暮らしているという噂を聞きましたが、

今はどうしているのでしょうか。

元気でいるのかな?

2020年6月 2日 (火)

現役のFT-DX-400

QSLの受領作業は終わりました。

各局からのカードの記載内容はコメントを含めて

すべて読ませていただきました。

 

その中で一番驚いたのはこちらです。

Ftdx400

 

1970年代の交信なら

いたって普通の内容ですが、

これは今年のNYPで交信したときのカードです。

 

開局当時、あるOMのお宅訪問をしたとき、

デスクの上に鎮座していたのがFT-DX--400でした。

OMが7MHzのSSBで次々とパイルアップを抜く様子を

「200Wってすごい!」と眺めていたのを思い出しました。

 

今では200W機が数多く販売されていますが、

当時はベアフットで200Wの無線機は大変珍しく、

他には、フロンティアのSuper1200GTとそのデジタル版しか知りません。

 

当地で再開時に、200W機のIC775を選んだのは、

その時の記憶が影響したのかも知れません。

 

もっとも私の場合、200Wで運用しても

SSBではなかなか思うようには飛ばず、

ほとんどマイクを握ることはありません。(汗)

 

無線機コレクターの知人所有の599ラインも正常に動作しますが、

めったに運用されないので、残念ながらこちらは現役とは言えません。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

最近のトラックバック