2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 6&Dコンテスト | トップページ | ハムの祭典はオンライン実施に »

2020年7月14日 (火)

IC-705 触ってきました

日曜日の午後、友人宅でIC-705を触ってきました。

Ic705-003

Ic705-004

BNCコネクタにホイップアンテナを差し込んで縦に持つと、

昔のCBトランシーバーのような形になります。

もっとも、ディスプレイが縦になってしまいますが・・・

ディスプレイはIC-7300やIC-9700と同じサイズで、

バンドスコープ等も同じです。

このシャックには7300も9700もありましたが並べるのが面倒だったので、

机上に並んでいたIC-7851との2ショット撮影になりました。

Ic705-010

7851はやはり巨大(偉大)ですね。


オプションのバッグは、ケーブルの引き込み穴やホイップ系のアンテナの固定箇所など、

色々と細かな配慮がなされていました。

Ic705-009

Ic705-005

バッテリーはID-51などと同じ規格でした。

ID-51もここにはあって(笑)オーナーは助かると言っていました。

FT-817のように、本体カバーを取り外さなくても交換できるのは便利ですね。


ちなみに、外部電源で10Wの出力が電池では5Wになるのは、

電池パックの電圧が7.4Vだからでした。


BluetoothによるVS-3によるワイヤレス制御も試してみました。

(スマホでも制御できるそうです)

本体をバッグに入れて背負い、手元のリモコンで操作するスタイルも可能です。

残念ながらリモコンではCWはできないようです。

 

CWのナロー500Hzは標準のようでしたが、お空のコンディションが悪く、

実際の受信性能は未確認に終わり、IC-7851やTS-990との比較もできませんでした。



カメラの調子が悪く、手ブレが酷くて汚い画像で失礼しました。

決して加齢により手が震えているわけではありません。(汗)

次回は、移動運用での使い勝手を見てこようと思います。

« 6&Dコンテスト | トップページ | ハムの祭典はオンライン実施に »

コメント

JH2CHM局長様
6D testでは144 CW QRP同士のQSOありがとうございました。当局は神奈川県足柄下郡箱根町からの参加で5W送信でした。また、宜しくお願いいたします。

6&DではQSOありがとうございました。
今回は50MHzより144MHzで1エリアの方が多く聞こえました。
毎度のことながら、なかなか応答が無いので悲しい思いをしていました。
F.Dの移動先は全くの平地ながら、
過去には設営中に144MHzのモビホで埼玉や群馬とつながったことがあります。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6&Dコンテスト | トップページ | ハムの祭典はオンライン実施に »

最近のトラックバック