2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット

DE JH2CMH

  • CQ CQ CQ ・・・・・
無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月29日 (火)

SINPOコードとRSTコード

SWLを始めた当初は「SINPOコード」でレポートを送っていました。

これは、次の5項目を1から5で表すものでした。

信号の強さ(Signal Strength)

混信          (Interference)

雑音          (Noise)

伝搬障害    (Propagation Disturbance)

総合評価    (Overall Rating)


BCLを始めた時にこの「シンポコード」を知り、SWLでもしばらく使っていました。


その後、JARLの会員手帳か初歩のラジオのどちらかでRSTコードを知りました。

 

R(了解度)は、

1・・・了解できない

2・・・かろうじて了解できる

3・・・かなり困難だが了解できる

4・・・事実上困難なく了解できる

5・・・完全に了解できる

 

S(信号強度)は、

1・・・微弱でかろうじて受信できる信号

2・・・大変弱い信号

3・・・弱い信号

4・・・弱いが受信可能な信号

5・・・かなり適当な強さの信号

6・・・適度な強さの信号

7・・・かなり強い信号

8・・・強い信号

9・・・非常に強い信号

T(音調)は

1・・・きわめて粗い音調

2・・・大変粗い交流音で、音楽の感じはすこしもしない音調

3・・・粗くて低い調子の交流音で、いくぶん音楽に近い音調

4・・・いくらか粗い交流音で、かなり音楽に近い音調

5・・・音楽的に変調された音色

6・・・変調された音、少しピューッという音を伴っている

7・・・直流に近い音で、少しリップルが残っている

8・・・良い直流音で、ほんのわずかリップルが感じられる

9・・・完全な直流音

当時の記憶と違う所もありますが、だいたいこのような感じでした。

 

Rについては分かりやすいものの、

Sについては、

S4が「弱いが受信可能」ということはS3やS2は受信不可能?

「S5かなり適当な強さ,S6適当な強さ、S7かなり強い信号,S8強い信号」の差は?

と悩んだ記憶があります。

当時は電信をやっていなかったのでTについては読むだけでしたが、

まるで国語のテストのようで、非常に分かり難かったです。

 

自作の受信機には当初Sメーターがなかったため、

上記コードを理解しないとシグナルレポートが送れませんでした。

(後ほどSメーターは追加しましたが、正確に校正できませんでした。)


「了解度は5ですが、Sメーターが振れていないのでRSは50です」

と言われて当惑したのを思い出しました。(笑)

 

2022年3月23日 (水)

交響曲第5番「朝ごはん」

日曜日の某ラジオ番組で初めて聞きました。

20220323140540


大笑いして聞いていたXYL(元プロオケの木管プレイヤー)がCDを即購入。

昨夜改めて聞きました。

彼女によると、演奏も歌唱も本格的で素晴らしいとのこと。

サービストラックの「風呂屋で」もなかなかで、
ブリュッヘン指揮の5番の1楽章が収録されているのも興味深いそうです。

 

youtubeにもありました。↓

https://youtu.be/85tsnqc3jHM

 

かつては良く聞いた「王様」や「女王様」とは違ったパターンで面白かったです。

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

最近のトラックバック